八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ち

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ち

6月7日(火)と8日(水)の二日間、6人のメンバーで泳がせ釣りで巨大魚を狙う八丈島遠征を楽しんできた。両日とも10kgを超えるカンパチをキャッチしたので、その模様をリポートしたい。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

八丈島へ遠征釣行

一進一退のパワーファイトの末、紺碧の海中から姿を現すのは、ゆうに10kgを超える巨大魚ばかり。そんな巨大魚との夢のようなビッグファイトを味わえるのが遠征釣りの醍醐味だ。

それまでの静寂を打ち破るように竿先がバタバタと暴れ出した次の瞬間、泳がせ用の剛竿がバット部分から曲がり込む。トルクフルで重厚な引きに対して、ミチイトを出されないようフルドラグで耐える。そして、魚の引きが弱まった一瞬の隙に少しずつ間を詰めていく。

そのスケールの大きさゆえに、敷居の高さを感じている人が多いのも事実。しかし、羽田から飛行機を利用すれば、片道わずか1時間かからずに行けるのが伊豆七島の南端にある遠征釣りのメッカ・八丈島。現地での船の手配はもちろん、レンタルタックルも充実、宿泊施設も備えていて釣り人を手厚くフォローしてくれているのが伊豆諸島八丈島の八丈島総合釣りセンターアサギクだ。

私が所属する「味釣会(みつるかい)」でも、毎年、有志を募ってアサギクを利用しており、今年も6月7日(火)と8日(水)の二日間、6人のメンバーで八丈島遠征を楽しんできた。

アサギクで泳がせ釣り

7日は、羽田空港から7時半発の初便に乗り、八丈島に到着したのが8時半。空港からはアサギクからの迎えの車を利用し、9時にアサギク到着。

3人ずつに分かれ、神湊漁港から10時に出船。私が乗船したのは宇乃丸。船長の話では、ここのところ20kgオーバーの大型も数多く出ているとのこと。だが、この日は西風が10m以上でウネリも4mと高かったため、沖めのポイントには行けず港から近いエリアを攻めるとのこと。

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ち釣り場までは約40分の航程(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

狙いは泳がせ釣り。この時期の八丈島では生きエサにアカイカを準備してもらえる場合があり、初日は各自10杯程度を用意してもらった。

開始から3時間沈黙

約40分でポイント到着。水深120mでスタートとなる。親バリをアカイカの両目の間に浅く刺し、孫バリは剣先部分に装着。

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ちエサはアカイカ(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

アカイカから先に投入し、元気に泳いでいるのを確認してから、300号のオモリを仕掛けが絡まないようイカから離して投入。一気に落とすとイカを弱らせることになるので、サミングしながら海底へとアプローチしていく。

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ちタックル図(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

船長からの指示ダナは海底から7m。徐々に浅くなっていくとのことだったので、私はやや高めの10mを基点に上下2~3mを探っていった。

しかし、釣り開始から3時間。船中でアタリはまったくなく、付けエサのアカイカもエサ取りにやられてばかり。風の強さも増し、ウネリもさらに大きくなっていく。

時合い到来で良型カンパチ続々

船中には諦めムードが漂いだしていたが、その雰囲気を一気に打ち破る時合いが到来。

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ちポイントの様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

水深90mのポイントで再開のアナウンス。先陣を切ったのは松野さん。1尾目こそ小ぶりだったが、すぐ次のアタリを出し、後検12kgのカンパチをゲット。

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ち12kgで先陣を切った(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

続けて、ミヨシの桑幡さん。終始手持ちで狙い、ハリ掛かり後はレバードラグリールのフルスタンディング。こちらも危なげなく同サイズをキャッチする。

渾身の力で12kg級手中

取り残された私はソワソワしたものの、タナを取り直した直後に前アタリから一気に竿が絞り込まれた。何とか初動に耐えて竿を起こすものの、何度も訪れる強引に体を持っていかれそうになる。

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ち必死に耐える(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

それを渾身の力で耐えて巻き上げていく。リーダーが入ったところで船長が駆けつけて、海面を割ったカンパチにギャフで一閃。無事に私も12kg級を手にすることができた。その後、私は8kgを追加。15時に沖上がりとなった。

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ち1日目の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

初日は全員安打

別船の幸漁丸に乗ったメンバーでは、福西さんが、この日最大となる14.5kgを頭に4尾。北原さんも14kgを筆頭に3尾。丸山さんは8kgをキャッチし、全員安打で初日を終えた。

八丈島遠征で20kg頭に良型カンパチ全員安打 アカイカ泳がせで狙い撃ち1日目のメンバーで記念撮影(提供:週刊つりニュース関東版APC・田中義博)

次のページで2日目に最大サイズの巨カンパチ浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。