横須賀海辺釣り公園で胴突き&サビキ釣り 時合いにイワシが入れ食いに

横須賀海辺釣り公園で胴突き&サビキ釣り 時合いにイワシが入れ食いに

神奈川県にある横須賀海辺つり公園へ。当日は曇天、今にも雨が降りそうな天候ではあったが、午後の時合いにはイワシが入れ掛かりの大爆釣となった。満足の釣行をレポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

横須賀海辺つり公園でサビキ釣り

6月18日(土)、神奈川県にある横須賀海辺つり公園へ出かけた。10時ごろに到着。天気は曇天で今にも雨が降りそう。

当日は釣具店による釣り教室が行われていて、初心者らしき親子連れが多い。それを横目に見ながら空いているスペースに入る。レクチャーしている人の話を聞いていると、朝の食いは渋かったようだ。

横須賀海辺釣り公園で胴突き&サビキ釣り 時合いにイワシが入れ食いに釣り教室が行われていた(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

胴突き仕掛けで根魚狙い

タックルは2.4mのパックロッドに、PEライン1号を巻いたスピニングリールをセット。仕掛けは小魚の回遊が来るまでは胴突き。エサは青イソメを使って根魚狙い。

かなり潮が速く、10号のオモリでもじんわりと流されてしまうが、数投で妻にカサゴがヒット。これは小さいのでリリース。

横須賀海辺釣り公園で胴突き&サビキ釣り 時合いにイワシが入れ食いにリリースサイズのカサゴがヒット(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

足元探って五目釣り達成

周りのベテラン勢は、遠投ウキ仕掛けで沖側を狙っている。アジやサバが散発的に顔を見せている。事前に情報収集していた時には大きなサバが回っているとされていたが、そこまで目立った釣果は出ていなそう。

足元から、下投げのチョイ投げで探っていると、散発的にアタリが続く。フグ、ウミタナゴ、イトヒキハゼ、アナハゼなど、アッという間に夫婦で五目釣り達成。

横須賀海辺釣り公園で胴突き&サビキ釣り 時合いにイワシが入れ食いに初めて見たアナハゼ(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

しばらくして、妻から「根掛かりしたっぽいけど、感触が変。切れない」とヘルプ。竿を借りて引いてみると、確かに根掛かりの感触なのだが、しばらくキープしていると時折ジリジリとドラグが滑る。エイかと思ったが、きびきび動くわけでもない。しばらく粘って真っすぐ引っ張ってみたが、唐突にスポンと抜けてしまった。過去の経験からおそらくタコだと思うが、顔を見られなかったのは残念。

横須賀海辺釣り公園で胴突き&サビキ釣り 時合いにイワシが入れ食いにウミタナゴ(提供:週刊つりニュース関東版 東京・小谷友樹)

次のページでイワシが入れ食いに!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。