日本海イカメタル半夜釣行で良型ケンサキイカ手中 好ゲストにスルメ

日本海イカメタル半夜釣行で良型ケンサキイカ手中 好ゲストにスルメ

5月15日(日)に日本海の香住・柴山港より出船の「小吉丸」の半夜便で、イカメタルゲームを楽しんできた。大剣サイズのケンサキイカにスルメ交え満喫した釣行の模様をお届けする。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター森雨魚)

森雨魚

魅惑的な渓流魚や美しいアユとの出会い。そして、釣り人の一生懸命を皆さんにお伝えさえて頂きます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

小吉丸でイカメタル釣行

3年振りのイカメタルにやや不安を隠せないまま、初対面の小吉丸キャプテンと同乗船者の戸伏さんに挨拶をして、早速、ポイントへと船を走らせた。

ポイントには、何と10分もかからない。あっという間に到着。キャプテンがアンカーを投入すると潮流れに船首が同調し、キャプテンの一声でイカメタルゲームがスタートを切った。

日本海イカメタル半夜釣行で良型ケンサキイカ手中 好ゲストにスルメ日本海の綺麗な夕日を見ながら釣りスタート(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

ケンサキ狙いでボトムからサーチ

メタルスッテ(メダリスト・ステイ)60gの上にエギスト・ノーマル 2.5号エギを装着し、水深25mのボトムオンリーでしばらく様子を見ることにしてみた。

時折「コン・コン!」という魚のアタリがあるものの、なかなか本命はヒットしない。きっと、アジなのだろう。

日本海イカメタル半夜釣行で良型ケンサキイカ手中 好ゲストにスルメサブロッドをセット(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

シェイクで会心のヒット

午後7時過ぎに集魚灯が灯火されると、水面にダツやトビウオの姿が現れだした。サブのライトロッドをキャビンにセットしたと同時に、左舷の戸伏さんにケンサキイカがヒット!いよいよ戦闘開始だ!

慣れた一連の動作で、続けてエギを投入する彼を振り返って見ながら「あのリズムなんだな!」と、ヒントを得たように、シェイクを入れてからスローフォールした瞬間。ラインがフケて待望のヒット!「確かに乗った!」

ズシリという重量感とともにゆっくり巻き上げようとすると「グイッ・グイッ・グイーン!」と、ジェット噴射の引き応え。至福の瞬間だ。大剣サイズの1匹目にちょっと感激だ。

オモリグ仕掛けで連釣

戸伏さんは、日本海で有効とされるオモリグ仕掛けで順調に釣り上げていく。

日本海イカメタル半夜釣行で良型ケンサキイカ手中 好ゲストにスルメ戸伏さんは絶好調!(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

ひと安心してか、小吉丸キャプテンもサオを出し、慣れた手つきで即ヒット!両名人に挟まれてちょっとへこんでしまう。

日本海イカメタル半夜釣行で良型ケンサキイカ手中 好ゲストにスルメ小吉丸キャプテンもちょいサオ出し(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

サゴシの一撃で仕掛けロスト

2匹目を追加しリズムに乗りかけた直後、「ガッ、ガーン!」と、ザゴシの一撃を食らい一気に消沈。「なんてこった?」お気に入りのメタルスッテが水の泡と消えてしまった。

日本海イカメタル半夜釣行で良型ケンサキイカ手中 好ゲストにスルメメダリストグロータイプ(提供:TSURINEWSライター森雨魚)

次のページでカラーチェンジとウエイトダウンでスルメ連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。