オフショアジギングで10kg級ブリ手中 怒涛のラッシュで船中50匹

オフショアジギングで10kg級ブリ手中 怒涛のラッシュで船中50匹

5月8日、例年にない好調にわく福井県・越前エリアのオフショアジギングについてレポートしたい。お世話になったのは福井県坂井市の九頭竜川ボートパークを拠点とするフィッシングガイドサービス・ブルーズ。10kg近いブリが交じりつつ青物が好調とのことで期待を持って臨んだ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 丸岡しょうへい)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ブルーズでジギング釣行

タックルだが、私はブリ狙いであればPEライン2号に、リーダーはフロロカーボンライン8号を基本に準備する。これより細いタックルでもブリは獲れるが、乗合船だとオマツリの可能性もあるため、多少強引なファイトが可能なタックルの方が有利と感じる。

オフショアジギングで10kg級ブリ手中 怒涛のラッシュで船中50匹タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 丸岡しょうへい)

また相手は大型の青物となるので、フックは太軸で大きめのものを用意し、ガッツリと思いっきりフッキングする方がバラシが少ない。ドラグの設定も重要で、弱すぎでは寄せてこられないが、強すぎてもラインブレイクにつながる。不安なら当日船長に相談してみるといいだろう。

タックルはベイト、スピニングはどちらでも構わないが、速い速度のリーリングで魚を追わせてからアクションで食わせるのが越前のスタイル。確かにポイントに着くと、魚探で底から5~15mほどに魚探の反応があるが、ここで底だけ誘っていても青物は見向きもしてくれない。大変かもしれないが、1回1回水面近くまで速い速度できっちりアクションさせてやる方が釣果は伸びる。

10kg級巨ブリ登場

午前8時前に出船。当日のポイントは水深70~80mほどだったが、日によって反応を見つつ60~100m弱の水深のポイントに行くそうで、だいたい100~200gのジグが必要だ。

ポイントに到着し、ジグを投入して底を取ったら、素早くイトフケを取り魚を追わせるイメージで、リール10~20回転ほど高速巻きでジグを泳がせる。直後にワンピッチワンジャークに切り替えたり、ストップを入れたりと速度に変化を出すと、アタリがサオ先に出るのですかさずフッキングを入れる。

うまくフッキングできれば直後に強烈な青物とのファイトが始まる。ドラグはギリギリと引き出され、容赦なくサオはのされる。慎重にやり取りした後、ネットインしたブリは10kgに及ぶ大型。体高もあり脂が乗っていそうだ。

オフショアジギングで10kg級ブリ手中 怒涛のラッシュで船中50匹TBジグにヒット(提供:週刊つりニュース中部版 丸岡しょうへい)

ネットイン直前に水面でベイトを吐き出したが、正体はウルメイワシ。それも10~15cmもある立派なウルメイワシで、この日はシルバーのセミロング系のジグがよくヒットしていた。

次のページはラッシュ突入で大爆釣!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。