ドライフライで『オイカワ』釣りのススメ 3つのメリットとは?

ドライフライで『オイカワ』釣りのススメ 3つのメリットとは?

近くの河川で手軽に釣れるオイカワ。ウキ釣りで簡単に釣れるので、初心者でも狙いやすくなっています。そんな、オイカワを「フライフィッシング」で狙ってみると面白いです。エキサイティングな釣りを手軽に楽しめます。今回の記事では、オイカワのフライフィッシングについて紹介します。興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ルアー&フライ フライフィッシング

狙うポイント

オイカワのフライフィッシングで、狙いたいポイントを紹介します。下記を参考にして、効率的にオイカワを釣りましょう。

ドライフライで『オイカワ』釣りのススメ 3つのメリットとは?ポイントを見極めよう(提供:TSURINEWSライターあつ)

水深があるポイント

水深があるポイントに、オイカワは溜まりやすいです。水深が浅い場所よりも、深い場所を好む傾向があります。しかし、水深が深すぎると、ドライフライにバイトしにくくなります。1m~2mほどのポイントを探るようにしましょう。

流れが緩やかなポイント

流れが緩やかなポイントも、オイカワが好む場所です。ゆったりとした流れのなかに、身を潜めています。緩やかであれば、緩やかであるほど良いポイントです。何回もしつこくアプローチして、オイカワのバイトを誘いましょう。

ストラクチャーがあるポイント

ストラクチャーがあるポイントもおすすめです。オイカワが身を潜める、隠れ家的な場所になります。また、ストラクチャーがあると、安心して身を潜めることができます。警戒心が薄く、ドライフライにバイトしやすいです。気になった場所があれば、狙ってみるようにしましょう。

オイカワをフライフィッシングで釣ろう

ゲーム性が高く、手軽に楽しめるオイカワのフライフィッシング。ドライフライで狙えば、エキサイティングな釣りを楽しめます。

今回紹介した内容を参考に、オイカワをドライフライで狙ってみてください。奥が深いオイカワのフライフィッシングに、のめり込んでみてはいかがでしょうか。

<あつ/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。