梅雨時期のバス釣りに【スピナーベイトが効果的な理由と使い方を解説】

梅雨時期のバス釣りに【スピナーベイトが効果的な理由と使い方を解説】

バス釣りでは、様々なルアー達を使い分けながら、ブラックバスを狙います。しかし、梅雨の時期は魚が散らばっているので、ルアー選択が難しいです。そんな、難しい時期を攻略してくれるルアーが「スピナーベイト」です。今回の記事では、梅雨時期のスピナーベイトをテーマに解説します。バス釣りをする方は、参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ルアー&フライ ブラックバス

スピナーベイトはこんなルアー

スピナーベイトは、枝分かれしたアームに、ブレードとヘッド、スカート、フックがついているルアーです。アピール力が高くてバスから発見されやすくなっています。

梅雨時期のバス釣りに【スピナーベイトが効果的な理由と使い方を解説】アピール力が高い(提供:TSURINEWSライターあつ)

ブレードがキラキラと輝きながら、魚を誘ってくれます。このブレードの煌めきで、魚群に見せることが可能です。上手くパターンにハマれば、爆釣も狙えます。

スピナーベイトが効果的な理由

梅雨のバス釣りに、スピナーベイトが効果的な理由を解説します。下記を参考にして、スピナーベイトを使い倒しましょう。

ローライトにアピール力がマッチ

梅雨の時期は、雨が降ったり、曇ったりしやすいです。全体的に暗い日が続きます。このようなローライトには、アピール力が高いスピナーベイトが効果的です。暗い水中のなかでも、キラキラとアピールしてくれます。遠くからも魚を誘き寄せられるので、効率的な釣りが可能です。

高活性なバスが多い

梅雨の時期は、産卵を終えたブラックバスがエサを探して動き回ります。つまり、高活性なバスが多いのです。スピナーベイトで狙えば、高活性なブラックバスを探せます。梅雨の時期と相性の良いルアーです。

様々な層を狙える

スピナーベイトは様々な層(レンジ)を狙えます。リップがついていないルアーだからです。沈ませたり、巻いたりするスピードによって、狙う層を変えられます。中層で反応がないときはボトム。表層で反応がないときは中層など、幅広い攻めができます。

梅雨時期のスピナーベイトの使い方

スピナーベイトの使い方を紹介します。基本を把握して、高活性なブラックバスを狙ってみてください。

梅雨時期のバス釣りに【スピナーベイトが効果的な理由と使い方を解説】高活性なバスを狙え(提供:TSURINEWSライターあつ)

着水音に気をつけてキャスト

スピナーベイトを使う際は、着水音に気をつけてキャストしましょう。複雑なパーツがついているので、着水音が大きくなりやすいです。投げる際は、低い弾道で投げるか、着水前に軽くサミングするようにしましょう。着水音を最小限に抑えられます。

着底させてただ巻き

スピナーベイトを着底させて、ただ巻きをしましょう。最初は、ボトムから狙うのが一般的です。着底を確認したら、ゆっくり巻いてみましょう。ただ巻きは、一定速度で巻くと良いです。ブラックバスから見切られにくくなります。手に神経を集中させて、ただ巻きをしてください。

狙う層を変えながら狙う

ボトムで反応がなかったら、狙う層を変えましょう。梅雨の時期のブラックバスは、様々な層に散らばっています。底を探ったら中層、中層を探ったら表層などと、刻みながら釣っていくと良いです。もし、反応が多い層を見つけたら、そこを徹底して狙うようにしましょう。

次のページでスピナーベイトで梅雨のバス攻略

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。