子連れジギング釣行で中3息子が97cmモンスター級大型マダイを御用

子連れジギング釣行で中3息子が97cmモンスター級大型マダイを御用

5月5日、北九州市小倉港のSEVENが毎年開催している「こどもの日企画」に中3、小4の息子を連れて参加。なんと子どもは乗船代無料というお得な日に、長男が全長97cm、重量11.2kgのモンスターサイズのマダイをキャッチしたので紹介したい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・小佐々康生)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

SEVENでオフショアゲーム

当日は気持ちのいい晴天の中潮で、出船時間は午前7時30分。角島沖へ向かった。片道2時間で到着。準備したタックルはタイラバ用とスロージギング用の2セット。

子連れジギング釣行で中3息子が97cmモンスター級大型マダイを御用タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・小佐々康生)

水深80mなので、どちらもベイトタックル。まずは長男用にタイラー100gをセットし、最初にシャクり方を教えて後は本人に任せた。末っ子には海士100gをセット。こちらは私がサポートしながらの釣り。

ファーストヒットはアオナ40cm

そうこうしていると長男にファーストヒット!40cmの立派なアオナが上がってきた。

子連れジギング釣行で中3息子が97cmモンスター級大型マダイを御用40cmアオナゲット(提供:週刊つりニュース西部版APC・小佐々康生)

その後、末っ子のタイラバに明らかに大きな魚がヒット!重さ、引き方的に70cmくらいのマダイの可能性を感じた。長男もサポートに入り、3人で巻き上げて後15m!と、いうところでラインが切れてしまった……。完全に私のメンテナンス不備。使い回し続けていたラインを巻き換えずに挑んだのが失敗、末っ子に申し訳なかった。

根掛かりのようなヒット

11時の上げ潮。末っ子がレンコとホウボウを釣っていた後ろで長男はスロージギング。タイラー100gをシャクっていたところ、「ごめん、根掛かりした~」と申し訳なさそうに声を上げた。助けに行こうとしたら「あ、動きだした」と言ったので「魚なら良かった。がんばれ~」と言っていったん放置。

その後、結構ゴリ巻きしているが思ったよりファイト時間が長い……。リールに巻いているPEラインは2号。フックも大きいので強度的には大丈夫だろうと思いつつ、見に行ってみるとジギングロッドがかなり曲がってドラグが鳴りまくっている。

子連れジギング釣行で中3息子が97cmモンスター級大型マダイを御用ファイトシーン(提供:週刊つりニュース西部版APC・小佐々康生)

やり取りも見ていて不安はなかったのだが、上がってきた魚が船の反対側に突っ込んだ時にラインをペラに巻いてしまった!下手に巻くとラインが切れてしまう状況。船長の指示の元、ラインを緩めたりゆっくり巻いたりを繰り返して15分、どうにか船の反対側に浮いてきたマダイを船長がどうにかキャッチ!上げてみると異常にデカイ……。今まで見たことないサイズの大ダイだった。

次のページで記録級モンスターマダイ登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。