タチウオジギング&テンヤ釣行:リーダー変更で竿頭【福岡県・博多湾】

博多湾の夏といったらこれ、タチウオ釣りです。暑い夏の日、朝早くから始めて昼前に帰港できるこの釣りは魅力的。引きも楽しく、釣り方も選ぶことができ、食べるのもおいしいタチウオ。8月4日(小潮)、今アツい博多湾のタチウオ釣りに再び行って参りました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

テンヤへ変更すると?

筆者のタックル

私もテンヤに変更し、イトを切られないように先端にワイヤーリーダーを結びます。エサはキビナゴと小イワシを準備してきました。エサをワイヤーで固定しますが、ここで丁寧につけないとテンヤの泳ぎに違和感がでるとか?

右舷船首側の人はジグで釣っていましたが、そちらにもヒットが続きます。イワシカラーに来ているようでした。

私にはなかなか来ないと思っていると、ガツンと大きなアタリ。やっと来てくれましたー。指幅4本ぐらいです。

そこからは大きな時合いはなかったものの、皆さんコンスタントに釣果を伸ばしています。

切られないという利点はあるものの食いが落ちるということで、いったんワイヤーリーダーをやめ、太めの8号リーダを付け直します。

リーダーを変更すると?

ここから私の快進撃が始まりました。

フアフアと誘ってタナを探りながら巻き上げます。水深は20~25m。コンコンというアタリの後でガツンときたらアワセを入れます。

このときの乗った感がたまりません!

その後、指幅4~5本サイズが13尾!10時30分の納竿まで釣れ続け、釣果トップになりました。

入れ食い状態ではなかったもののコンスタントにアタリがあり、本当に楽しかったです。

次ページで食べても美味しいタチウオ!