ライトショアジギング釣行:メッキ&セイゴの活性高し【静岡県・大田子湾】

8月11日(土)、西伊豆の大田子湾へ、メッキセイゴを狙ってルアーフィッシング。ウネリや濁りがあり、流れ藻が多かったが、活性の高い群れに出会えて楽しむことができた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

満潮の時間を狙う

釣り場の様子

現地到着は6時過ぎ。朝が満潮で、その時間帯を狙う。大潮だったので、潮位の高い時間がチャンスだろう。

道路上から海岸をのぞくと、2人のルアーアングラーの姿。しかし、ズル引きしているように見えたので、対象魚が違うようだ。

実釣スタート!

本日のタックル図

タックルを準備して、6時半ごろ海岸に下りる。時々ウネリが入ってきて、場所によっては飛沫が掛かっている。先釣者は右端の河口寄りでキャストしているようなので、海岸側へ入ることにした。

右寄りは石がゴロゴロ、中央より左に行くと砂浜になっているが、埋まって浅くなっている。まず、波の寄せ具合と波足をチェック。しばらく観察して大丈夫そうだったので、少し水辺から離れて釣り開始。小石が足場になっているポイントから始めたが、石が落ち着いてなくて動くのでやりにくい。

反応がないので、少し中央寄りの砂地へと移動。波間にはボラの群れがいたので、少しは魚も居心地がいいのだろう。

キャストを再開すると、いきなりメッキがヒット。サイズは15cm級なので、この時期にしては良型だ。

次ページでもヒット続く!