堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出し

堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出し

5月中旬、愛知県常滑市の新舞子マリンパークへ堤防釣りに出かけた。ブッコミ&サビキで誘うがここはタイムアウト、その後は碧南海釣り広場で残業、サビキを遠投して誘い続けて2時間でサッパ24匹と小サバの釣果を得ることができた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

残業はまずまずの釣果

その後もなるべく遠くへ仕掛けを入れる。アタリが出るのはフォール中か、数回サビいた付近だけ。かなり奥を回遊しているのだろうか。しかも連発するわけではなく、釣れるタイミングがくるとポツポツ掛かり、釣れないときは反応が完全に消えてしまう。そのため常に仕掛けを入れてサビキを動かし続けていないと釣果が出ない。

申し訳程度にコマセを入れつつ、なるべく遠投して誘い続け、着実に釣果を伸ばすことに成功。私の「残業」による釣果は2時間ほどでサッパ24匹、小サバ3匹とまずまずだった。同じサビキ仕掛けでも足元を狙っている人、投げても距離が短い人は苦戦していた。

堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出し投げてようやくキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

本格的な開幕はもう少し先?

サビキとはいえ、足元に落として釣れ続けるイージーな日もあれば、投げて積極的に誘いを入れないと釣れないケースもある。サビキ釣りに来て釣果が得られないのはやはりつらいので、足元を釣る仕掛けだけでなく、投げサビキやトリックサビキを準備したり、ハリの大きさや色などを各種そろえたりして、あらゆるケースに対応できるといいだろう。

ファミリーや初心者にもうってつけのサビキ釣り。足元で連発する状況になってくればいいが、この日はそうはいかなかったようだ。本格的な開幕にはもう少し時間がかかるかもしれない。

堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出し釣れたサッパで泳がせをしてみるも不発(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

<週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
碧南海釣り広場
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年6月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。