堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出し

堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出し

5月中旬、愛知県常滑市の新舞子マリンパークへ堤防釣りに出かけた。ブッコミ&サビキで誘うがここはタイムアウト、その後は碧南海釣り広場で残業、サビキを遠投して誘い続けて2時間でサッパ24匹と小サバの釣果を得ることができた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

新舞子マリンパークで堤防釣り

5月中旬、筆者が主宰する釣りクラブのメンバーであるさやかさんとともに愛知県常滑市の新舞子マリンパークへ堤防釣りに出かけた。

午前5時に到着。空いているスペースで準備を始める。用意した仕掛けはサビキとブッコミで、まずはイソメを付けたブッコミを入れておく。その間にアミエビを解凍してサビキの準備。

手軽にサビキで釣れればいいが、魚がいなければ当然釣れない。さやかさんはコマセを入れて魚を寄せようと頑張るが、全く反応がない静かな日となってしまった。たまにブッコミの仕掛けを回収するとヒトデのオンパレードだ。

堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出しブッコミはヒトデの猛攻を受けた(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

貴重な釣果に感謝

開始から2時間が経過しても釣果なし。ボウズが頭をよぎったところで、ようやくブッコミのサオに付けた鈴が鳴る。

さやかさんがアワせると大きくはないが魚の重み。ブルブルと魚の引く感触が手に伝わる。慎重に抜き上げた1匹は12cmほどの小さなカサゴ。貴重な釣果に感謝し、記念撮影後にリリースした。

堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出しさやかさんの唯一の釣果は小型のカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

その後はサビキもブッコミも完全に反応が消えてしまい、周りの人のサオも曲がっていない。頑張ってコマセをまき続けていたさやかさんだったが、タイムアウトで納竿となってしまった。

碧南海釣り広場で残業

さやかさんを送り届けた後、さすがにこれでは終われないと1人「残業」することにした私。連日のように小サバやサッパが釣れている碧南海釣り広場へ足を伸ばした。

到着したのは午後2時。手前の放水口前が空いていたため、そこに入らせてもらい釣りスタート。こちらでもまずはブッコミ仕掛けをセットし、サビキで足元から探ってみるが反応がない。そもそも放水口の前なのでサビキの効果はいかほどなのか分からないが、今度は少し投げてみる。これも反応なし。

ならば、下カゴにオモリを追加し、チョイ投げザオでできる限り遠投してみる。フォローの風にも助けられて30m以上飛んだだろうか。サミングしながら仕掛けを沈めていくと、サオ先にココッと小さなアタリ。そのまま立ててゆっくりテンションを抜かないように巻いてくる。仕掛けに付いてきたのは15cmほどの大きなサッパだった。

堤防の遠投サビキ釣りでサッパ24匹 誘って誘ってポツポツ顔出し碧南海釣り広場で延長戦!サッパを手に著者(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸松慶輔)

次のページで残業の成果を発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。