海のルアー釣り愛好家が渓流釣行でのファーストフィッシュ手中に感動

海のルアー釣り愛好家が渓流釣行でのファーストフィッシュ手中に感動

私が今年に入ってからやり始めた渓流でのルアーフィッシング。とにかく面白いのだ。ソルトルアーフィッシングとは違った面白さや難しさ等述べていこうと思う。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター落合浩大)

Kouta_Ochiai

釣り、音楽、スケボーを愛するソルトアングラーです。大阪や島根でシーバス、ジギングをやっております。

×閉じる

ルアー&フライ トラウト

渓流ルアー釣りの魅力

とにかく魚が美しいのである。私は、アマゴ、ヤマメ、イワナを釣りたくこの3種類の魚をターゲットにしている。そんな美しい魚達が、これまた美しい川の中でルアー追って食ってくるのだ。バイトシーンも丸見えで、声を出してしまう程に興奮して熱くなってしまう。

海のルアー釣り愛好家が渓流釣行でのファーストフィッシュ手中に感動渓流には魅力が詰まっている(提供:TSURINEWSライター落合浩大)

更にはゲーム性もかなり高い。無駄にルアーを撃つと魚がすぐスレたり、一つの場所に留まるのではなく、テンポよく川を釣り上がるスタイルが新鮮で面白いのだ。ルアーを引いていると、突然川底から魚が出てきたり、岩の陰から飛びててきたり。それが目で見えることから、迫力満点なのである。

五感で自然を楽しめる

それと渓流フィッシングの醍醐味とは、山という大自然に身を委ねて釣りができることだろう。ウェーダーを着込み透明度抜群の川に浸かる。それだけでも気持ちが良いのだが、木々の揺れる音、川のせせらぎの音、野鳥や獣達の鳴き声、季節の匂いなど、大変贅沢な環境が揃っている。春の季節なんかは新緑が物凄く綺麗なのだ。

深い山々に綺麗な緑。耳で音を楽しみ、鼻で香りを楽しみ、目で新緑を楽しむ。何処か、別世界に来たのではないか?と錯覚してしまうぐらい美しい。そんな環境下でできるのが渓流フィッシング。最高としか言いようがない。まさに冒険心をくすぐられる釣りだと思っている。

海のルアー釣り愛好家が渓流釣行でのファーストフィッシュ手中に感動山菜採りも楽しみの一つ(提供:TSURINEWSライター落合浩大)

ちなみに個人的には山菜を見つけるのも楽しみの一つである。

海釣りと渓流釣りの違い

私は渓流フィッシングに置いてはまだまだ未熟だ。今回の釣行で渓流三回目であることから圧倒的に経験値が少ない。アングラーとしての引き出しが少なく、ソルトと全く違う釣りだなと毎回実感している。

例えば海での釣りの場合。天気予報の他にタイドグラフをチェックすると思うのだが、渓流の場合は天気予報と川の水位である。減水気味なのか増水気味なのか。それだけで狙う場所や河川の変更等、かなり変わると渓流釣りに精通している釣り友に教えて貰った。

海のルアー釣り愛好家が渓流釣行でのファーストフィッシュ手中に感動自然と親しみながら釣り上がる(提供:TSURINEWSライター落合浩大)

また、ほとんどの河川はどこかの漁業組合が管轄しており、入渓するには遊漁券の購入が必要となってくる。年券、日券と分けられており、それぞれのスタイルに合わせて購入をしていただきたい。

魚の引き

海と渓流の釣りで一番違うのは魚の引きではないだろうか。私の場合はソルトではシーバスや青物狙いである。特に青物ともなればその引きは強烈だ。

しかし、私が渓流で狙うアマゴ、ヤマメ、イワナは青物に比べるとはるかに引きは少ない。というよりも引きを楽しむ釣りではないと個人的には思っている。パワーファイトを求めるのであれば海の釣りであるが、非常に高いゲーム性、冒険心をくすぐられる場所で、美しい魚と知恵比べをするのであれば断然に渓流釣りだ。

次のページは渓流初フィシュゲットで歓喜!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。