【2022年】おすすめアユ友釣り場:福井・日野川漁協管内

【2022年】おすすめアユ友釣り場:福井・日野川漁協管内

オススメ釣り場として紹介するのは、福井県越前市の日野川。昔ほど数が出なくなったが、大アユが釣れる川だ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・釣りインストラクター:中村浩一)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

南条大橋&大鶴目橋

日野川のオススメポイントは、下流域の南条大橋の上下流。ここは大型が出るポイントだ。

大鶴目橋辺りは数が出る。人工アユがメインなので追いが悪く、群れることが多い。浅瀬でも小さなオモリや背バリを使うことで、釣れると思う。

【2022年】おすすめアユ友釣り場:福井・日野川漁協管内南条大橋の上下流(提供:週刊つりニュース中部版APC・釣りインストラクター:中村浩一)

群れアユの釣り方

群れアユの中にいきなりオトリを入れてしまうと、群れが逃げてしまう。そのためオトリを群れアユから5mほど離して入れ、イトに少しテンションをかけて待つ釣りになる。

【2022年】おすすめアユ友釣り場:福井・日野川漁協管内南条大橋と大鶴目橋のポイント(作図:週刊つりニュース中部版APC・釣りインストラクター:中村浩一)

日野川でのタックル

タックルだが、サオが8.1~8.5m、天上イトにアーマード0.2号、水中イトは同じくアーマード0.1号と少し太めを使用している。

【2022年】おすすめアユ友釣り場:福井・日野川漁協管内タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・釣りインストラクター:中村浩一)

支流の田倉川

支流の田倉川上流は、小倉谷から下流入り口まで放流済み。支流は川幅が狭く、サオは6~8.1mが使いやすい。

エン堤が作られアユが上れなくなり、人工アユ放流が一般的になった。今後は魚道の整備などが必要だと思うが、今年のアユは放流後の成育がいい。ぜひ日野川でアユ釣りを楽しんでいただきたい。

【2022年】おすすめアユ友釣り場:福井・日野川漁協管内大鶴目橋周辺の様子(提供:週刊つりニュース中部版APC・釣りインストラクター:中村浩一)

<週刊つりニュース中部版APC・釣りインストラクター:中村浩一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
日野川漁協
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年5月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。