現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方

初めてのボートシーバスに入門してみたいけど、右も左もわからない(汗)。そんな方に愛知県衣浦港のシーバス大好き船長が詳しく解説いたします。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ボートシーバス釣り

ボートシーバスとはその名の通り、ボートに乗ってシーバス釣りをすることです。基本的にはルアーといって小魚に似せた疑似餌を使用して釣りを展開します。

陸っぱりとボートの釣りの最大の違いは、「機動性」ではないでしょうか?説明すると、陸っぱりは陸から届く範囲かつ立ち入り禁止ではない場所で釣りをしないといけないため、釣りの制限が大きいです。一方でボートの場合は海全体の気になったポイントで釣りができる(漁礁や漁業権のある場所など除く)ため、釣りをする行動範囲が広く、モーターボートですぐにポイントを移動できることから機動性に優れていると言えます。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方高い機動力でランガンできる(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

つまり、ボートの機動性を最大限に発揮すれば、色々なポイントをランガンできて、常にフレッシュな個体がいるポイントを巡れるというわけです。

そのために船長に求められることは「引き出しの多さ」が何よりも必須。ポイントを一箇所知っているだけではボートシーバスは成り立ちません。狭い湾内で100以上のポイント(有名ポイントから超ピンポイントまで)を頭の中に叩き込む必要があります。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方初シーバスをゲット(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

はじめてのボート釣りの心構え

まずはボートシーバスを楽しむための基礎知識を紹介します。

服装

夏の場合はTシャツに海パンという超ラフな格好に、カッパを持っておけばOKです。雨はもちろん、ナイトゲームなど寒くなったときに一枚羽織れて活躍します。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方夏バージョンの服装(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

冬の場合、肌着はヒートテック→スウェット上下→インナーダウン→防寒具(カッパタイプのもの)です。冬はかなり着込みます。しかし、ただ着込めばいいというわけでもなく、アウトドア用品のハイエンド品やワークマンで売っている丈夫な素材のものがいいのではないかと思います。

また、冬は天候も荒れますので、潮まみれになり、ハリが刺さり破れたりと、普段使いの衣服より過酷な状況での使用となります。値段の高いものでなく、ワークマンなどのコスパのいい防寒具が重宝します。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方冬バージョンの服装(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ボートならライジャケは必須

ボートに乗って釣りをする場合、ライフジャケットの着用は義務です。身軽なものだと肩掛けタイプや腰巻きタイプなどあります。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方ライジャケは必須アイテム(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

使い分けとしては、冬の服を着込む場合はゆったりとした肩掛けタイプのライジャケがおすすめです。理由としては、気温に応じて着込む枚数は毎回違うので厚みがバラバラになってしまい、腰巻きタイプのライジャケではウエスト調整がややめんどくさいからです。

腰巻きタイプが活躍するのは夏がメイン!Tシャツに海パンという超薄着で釣りをするので肩掛けタイプのライジャケは邪魔になりやすく重いので、腰巻きタイプを使用することが多いです。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方桜マークも必須(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

また、ライフジャケットは国土交通省が安全基準を満たしたとされる「桜マーク付き」のものが必須なので、購入の際は桜マークが記載されているか確認してからにしましょう。

移動中は座りましょう!

ボートでの移動中は急な揺れやスピード変化を伴う場合もありますので、バランスを保つためにも絶対に座っておいてください。

移動したい場合は背を低くして重心を下げながら移動するか、船長にスピードを緩めてほしいと伝えてくれればボートを止めたり、安全なスピードまで落とすので気軽にお声かけください(大型釣り船の乗り合いなどの場合は、船長に伝えづらい場合が多いと思もう)。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方移動中は座ろう(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

夜釣りならヘッドライト

ボート・オカッパリ問わず、夜釣りの場合はヘッドライトを持参することをオススメします。ラインが切れた場合結び直すために手元に明かりが必要ですし、桟橋や漁港から船に乗る場合に暗いと足元が危険な場合があるからです。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方筆者は首にヘッドライトを掛けている(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ボートシーバスの入門タックル

続いてボートシーバスで使用するタックルを紹介します。

スピニング?ベイト?

シーバスロッドはスピニングタックル、ベイトタックルの2種がありますが、まずは投げやすいスピニングタックルからの入門がオススメです。ベイトタックルだと慣れない間はバックラッシュしたりします。肝心な時にバックラッシュだと貴重なチャンスを逃すことにも……。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方スピニングとベイトタックル(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

スピニングタックル

今回は入門者向けにスピニングタックルの説明をいたします。

スピニングロッドは6ft(180cm)前後のシーバスロッド、またはバスロッドでも代用可能。遠くに投げる必要がないので、オカッパリ用の9ftのロッドは使わないほうがいいと思います!

リールは2500~3000番くらいの最大ドラグ7kgくらいのものを使用。リールはオカッパリのものを代用しても可能。あまり大きすぎのリールはダメ。

ラインはPEライン1号にリーダー16lbが基本。ストラクチャー撃ちや大型狙いの場合はPEライン1.5号にリーダー20lbを付けていれば安心できます。

スナップでルアーチェンジが楽に!

リーダーの先にスナップをつけておくと、ルアー交換がスムーズになって、釣果のチャンスを逃しません!

先ほども書いたように、ボートシーバスのよさは機動性!つまりポイント移動が多いです。そのため、ルアーはポイントごとにかえたりする場合もあるので、スナップを必ず取り付けてスムーズにルアーチェンジできるようにしておきましょう。

現役船長が解説する初めてのボートシーバス釣り 服装・道具・釣り方ルアーチェンジが多いのでスナップが便利(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

次のページで釣り方を解説

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。