淡水エサ釣りで『カワムツ』キャッチ&イート 米粒エサ的中で連発?

淡水エサ釣りで『カワムツ』キャッチ&イート 米粒エサ的中で連発?

祖父の家の近くにある川で中学校のころ一人で頻繁に釣りに行っていた。今回はその川で15年ぶりにカワムツ釣りを行った模様をレポートする。

高知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター三谷文雄)

三谷文雄

二人の子供を持つ父親です!高知県で釣りをしています!フカセ釣り、堤防釣り、底物釣り、友釣りなどいろいろやります!なかなか時間がない時は夜釣りによく行きます。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

エサはミミズ予定

子供を保育園に送り届けてから祖父の家に向かった。時間は10時を過ぎていた。前日雨が降っていたため、ミミズが側溝にいるだろうと踏んで、エサを準備せずに行った。

ミミズ探し

祖父の家に着くなり、クワを借りて側溝に居るはずであろうミミズを根こそぎ探した。中学校のころはよく雨の降った日、もしくは雨の降った翌日にミミズが出てきていた覚えがある。

しかしその日は全くと言っていいほどミミズがいない。祖母に一緒にエサ探しを手伝ってくれとお願いしてやってもらったがいなかった。

川虫探し

ミミズの捜索が失敗に終わったため、一度川まで下りて川虫をエサにすることにした。ヒラタと呼ばれる川虫は父親と魚釣りをするとき使っていた。よく釣れるエサだ。川に入ってひたすら岩をひっくり返す。

水はまだまだ冷たく指の感覚がなくなるぐらい探した。しかしサイズが小さすぎる。とてつもなく小さいのである。

淡水エサ釣りで『カワムツ』キャッチ&イート 米粒エサ的中で連発?極小の川虫(提供:TSURINEWSライター三谷文雄)

祖父の家でエサ探し

まず台所に行って冷蔵庫を開けた。魚のエサになりそうなものがなかった。次に炊飯器を開けた。そこには4合ぐらいの米が炊きあがっていた。これはいける。これしかない。と思いラップに炊き上がったご飯を包み川まで下りていくことにした。

仕掛けの準備

釣り場についてから4.5mののべザオにミチイトをくくり付けて伸ばしていくが、何と2mぐらいしかミチイトが残っていなかった。ここまでエサ探しをして釣りをやめて帰るわけには行かないと思い、このまま続行することにした。

仕掛は

・ライン=フロロカーボン0.6号
・ハリ=マスター渓流7号

ハリから30cmほどのところにジンタンG4を一つ

淡水エサ釣りで『カワムツ』キャッチ&イート 米粒エサ的中で連発?当日の仕掛け(提供:TSURINEWSライター三谷文雄)

次のページで釣りの模様をお届け

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。