テナガエビ釣行:夕涼みで23尾の好釣果【東京都・新左近川親水公園】

7月末、夕涼みがてら東京都江戸川区にある新左近川親水公園でテナガエビと遊んだ。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

当日の仕掛け

16時すぎ、中左近橋下のゴロタ護岸上で開始。満潮からの下げ始めで流れがある。水面には小魚が群れて、ハネ、モジリが盛んで活性は高そう。

タックルは2.4mのノベ竿にミチイト0.6号竿いっぱいに結ぶ。ハリス0.3号5cm、ハリはモロコ2.5号を結んだシモリ仕掛け。

軸付きセル玉6mmをゴム管止めした下に中通しセル玉5mmを1個付け、板オモリですべてのウキがゆっくりと沈むように浮力を調整。

エサは赤虫1匹を通し刺しにして使用。

さっそく開始だ!

早速のヒット!

ヘチの流れのタルミは水深40~50cmで底は砂泥質。大小の石がゴロゴロしている。ウキが水面下5~10cmぐらいになるようにウキ下を調整。水中の石裏にエサを落し込んでアタリを待つ。

時々、誘いをかけると、5分くらいでウキが沖に移動するアタリ。

「エビ特有の反応だ!」と思って様子を見ていると、ウキが水中深く消えていく。

軽く聞きアワせるとツッ、ツーンとした感触が手元に伝わり、体長6cmの抱卵したメスが登場。

次ページで連発なるか?!