スーパーライトジギング釣行:良型ホウボウ連発!【愛知県・海正丸】

7月25日、愛知県・南知多大井漁港の海正丸にお世話になり、私自身久しぶりの伊勢湾でのスーパーライトジギングにチャレンジした。本命はカツオだが果たして結果は?

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日の本命はカツオ!

本日のタックル図

このところ沖ではカツオが姿を見せているほか、前日はサワラの食いが良かったようだ。

釣りの準備段階で新鮮なカツオが心を支配してしまい、カツオが個人的本命に決定。またスーパーライトジギングのタックルをメインに使用し、狙えるものは何でも狙っていく作戦で準備をした。

まずは通り道の伊良湖沖でサワラの情報があるため狙うが、これは不発。

前日に釣れていても一日で状況がコロッと変わってしまうのが伊勢湾。その日その日で対応していくのが難しいところでもあり、面白いところでもある。

ホウボウなど続けざまにヒット!

元気いっぱいのホウボウ!

次は大山沖まで走り、青物の反応やナブラを探す。水深は30mほど。ジグを落としていると、船中でホウボウがまず姿を見せてくれた。自分には横に走る魚がヒットし、マルソウダがファーストフィッシュ。

続けざまにヒットした魚はほどよい重量感で、ネットに収まったのは43cmの良型ホウボウだ。あまり潮が動かず40gのジグで底が取れる状態だったが、ここから船中ポツポツとホウボウのヒットが続き、他にはヒラメ、カサゴ、サバなども姿を見せた。

ここまで全てスーパーライトジギングでの釣果で、ボトムでは細かくスローに誘って根魚やホウボウを、中層では速巻きで青物をと、多魚種のヒットを狙っていけるのがこの釣りの強みの1つだ。

スーパーライトは伊勢湾でも多くのアングラーが取り入れているようだが、まだ発展段階の釣法。これからどんどん洗練され、地域ごとに進化していくことだろう。

次ページで再びカツオを狙う!