渓流ルアー釣行:一般車両立入禁止エリアで天然イワナ【山梨県・早川】

7月22日、友人に誘われ向かったのは、山梨県南巨摩郡早川町。イワナ狙いの渓流ルアー釣りのためだ。途中国道52号沿いのコンビニの端末で当日の日釣り券(レジャーチケット)を購入し、車で行ける最奥の奈良田駐車場に到着したのは午前5時だった。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

専用バスで奥地へ


今回集まったのは、御殿場を流れる鮎沢川で遊んだ同じメンバーで、まだ誰も踏破したことのない富士川支流の早川本流の区間をやろうという機運がきっかけだ。

薄暗いなかゲータに続いてシューズを履き、タックルはもちろんのこと飲料水や食料をウエストバッグやザックに入れて最終準備を整えた。

専用のバスで行くことになる

ここから先は一般車両の立ち入りは禁止され、専用バスのみ通行可。最終の広河原小屋には自販機はあるのだろうが、当然、途中のバス停付近に売店などはない。そうこうしていると定刻となって広河原行きのバスが到着し、乗車券の手売りが始まる。

降車はどこでも自由だが、料金は最寄りのバス停で決まっていて、私たちは620円を払ってバスに乗車した。

そして揺られること約10分、カッパ滝付近で降りてスロープから河原へと向かい、早速釣りの開始だ。

次ページで1投目!