【2022年】ナマズゲーム入門 道具・ルアー・釣り方・ポイント開拓法

【2022年】ナマズゲーム入門 道具・ルアー・釣り方・ポイント開拓法

今回身近なナマズゲームでのタックルや釣り方といった基本的な解説と、最も頭を悩ませるポイント開拓について紹介してみたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

ナマズパラダイスを見つけよう

桜が散り始めて日中に暑さを感じるようになると、最も身近な釣り場でビッグゲームが楽しめるようになる。そう、ナマズだ。ブームになって久しいが、まだまだ人気は衰えることはなく夏にかけて、都市近郊の河川では夜な夜なロッドを振るアングラーの姿を見かけるようになる。

【2022年】ナマズゲーム入門 道具・ルアー・釣り方・ポイント開拓法ド派手なバイト音が魅力のナマズゲーム(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

日本に生息しているナマズはマナマズ、イワトコナマズ、ビワコオオナマズ、タニガワナマズの4種。このうち最も数が多く釣りの対象として認知されているのがマナマズ(以降ナマズ)だ。

夜行性で主に小魚やカエル、昆虫、ミミズなどを食べる肉食魚だ。5~6月が繁殖期にあたり、シーズン初期に釣ったナマズは腹に卵を抱えてパンパンになった個体が多い。

タックル

基本的なタックルは、強めのバスタックルと考えていい。

【2022年】ナマズゲーム入門 道具・ルアー・釣り方・ポイント開拓法タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

ロッド

新調するならM~MHクラスを目安に購入するといいだろう。スピニングでもベイトでも構わないが、キャスト精度が必要なシチュエーションが多いので、ベイトの方が使いやすいともいえる。

【2022年】ナマズゲーム入門 道具・ルアー・釣り方・ポイント開拓法ベイトタックルはキャスト精度に優れる(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

リール

ドラグを駆使する釣りではないので、ベイト、スピニングとも安価なリールで十分。リールよりも重要なのがラインだ。フロロカーボンランの30lb以上か、PEラインなら4号以上。

障害物が多い都市型、小規模河川では、ブッシュに引っ掛けたり、水面のゴミを引っ掛けたり、シャローなら水面に露出した粗大ゴミに引っ掛けることもある。そんなときに強引に引っ張ってルアーを回収するため、これだけの太いラインを使用するのだ。

なおPEラインの場合は、直接ルアーと接続してもいいが、穂先絡みが頻発してしまう。そこで50lb以上のリーダーを30cmほど付けると絡み防止になり、快適に釣りができるだろう。

ルアーとの接続はスプリットリング+打ち抜きリングが最強。スナップの場合はクロスロック式が強度が高くお勧めだ。

ルアー

ルアーはノイジー系といわれるトップウオータープラグが主流。オールドルアーに分類されることが多いが、ジッターバグやクレイジークローラーなどはバスやナマズゲームにおいて、主力ルアーのひとつといえよう。

【2022年】ナマズゲーム入門 道具・ルアー・釣り方・ポイント開拓法トップウオータープラグがメイン(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

他にも各メーカーからさまざまなナマズ専用ルアーが出ているが、そのほとんどがアゴにカップを装備したノイジータイプだ。

トップにこだわらないのであれば、シャラシャラと音を奏でるバズベイトやブレードのキラキラでナマズを誘引するスピナーベイトもお勧めルアー。活性が極端に低い場合は、3~4inch程度のワームのテキサスリグも効く。

【2022年】ナマズゲーム入門 道具・ルアー・釣り方・ポイント開拓法ほとんどがノイジー系のルアー(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

重要なのはフック。基本的にリリースする人がほとんどだと思うので、フックは必ずバーブレスにしておきたい。魚の口からフックを外しやすいだけでなく、万が一人間に刺さった場合も大事故にならなく済む。

また障害物が露出しているようなポイントでは、上向きのダブルフックが根掛かり防止に役に立つ。

狙うポイント

ナマズは日没とともにエサを探して、行動を開始する。だが基本的に狙うのは、護岸際や沈んだウイード、障害物周りなど。こういったポイントは真っ先に狙いたい。

【2022年】ナマズゲーム入門 道具・ルアー・釣り方・ポイント開拓法小さな流れ込みも好ポイント(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

また水田からのインレットや、水門周りの深みなども好ポイントになる。必ずチェックしておきたいポイントだ。

釣り方

トップゲームの場合、ルアーを投げて巻くだけだが、そのルアーの特性に応じたリトリーブが必要だ。ティップの角度でルアーの動きも変わる。また速く引きすぎると、アクションしなくなることもある。

ナマズは基本的に捕食がヘタだ。水面を引くルアーに突然水柱が立ち、ド派手なバイトを見せるが、その割にフッキング率が極端に低いのだ。1キャスト3バイトノーヒットなんてこともザラにある。浮力の高いトップウオータープラグを使っていることも原因のひとつだが、臆病で警戒心の強さがその原因ともいわれている。

バイトは頻繁にあるのに、一向にフッキングしないときはリトリーブスピードを徐々にゆっくりにしてやろう。いくら活性が高くてもミスバイトを繰り返していると、スレて出てこなくなる。そんなときはいったんポイントを休めて、時間をおいてから入り直してみよう。

次のページでポイントの開拓方法を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。