泳がせ釣りでマハタ好捕 好ゲストにヒラメやマトウダイにカサゴ

泳がせ釣りでマハタ好捕 好ゲストにヒラメやマトウダイにカサゴ

3月31日(木)、外房大原の春日丸からマハタ狙いで釣行。潮も風も中途半端で、横流しするには吹き過ぎ、帆を上げると流れずの状況だったが、移動しながら拾え全員マハタをゲット。ヒラメにカサゴ、マトウでお土産バッチリとなった当日の釣りをリポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

春日丸でマハタ釣り

4時前、船長や女将が船着場に到着し乗船手続きを済ませる。

中井成明船長が舵を取るマハタ船は左舷に常連の今宮さん、右舷ミヨシから西田さん、佐藤さん、私、清水さんの順に座り4時35分出船。

泳がせ釣りでマハタ好捕 好ゲストにヒラメやマトウダイにカサゴタックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

大きいウネリで船はかなり揺れたが、約1時間で釣り場に到着。エサの活イワシが配られ、スパンカーが張られると「はい、やりましょう。ちょっと深いね、水深59m」のアナウンス。

マトウダイ連続ヒット

活イワシの鼻の硬い部分に親バリを刺し、背ビレ後方に孫バリを掛けて投入。着底から少し巻き上げた途端、グングングンと引き込まれ、アワせるとズシリ。締めこんだドラグが滑ってミチイトが出る。

強引に巻き上げ、なんとか底から魚を引き離すと、急に軽くなって親バリのチモトからハリス切れ。「大ビラメだったのでは」と船長。これと同時に清水さんにマトウ。

底を取ったら1m弱上げたタナを狙っていたが、ウネリが大きいため船の上下動でオモリが底をたたいてしまう。そのため、ウネリに合わせて竿を操作する。

西田さんと清水さんに同時ヒットでマトウ。続けて佐藤さんにも同魚。この状況に船長は「マトウばかりだね。場所変えします」と決断。

ヒラメ交じりで本命登場

10分ほど移動して水深60m前後の場所で再開。約5分で私の竿でアタリ。なかなか食い込まず、頃合いをみてアワせると小型本命。同時に西田さんに1kg級同魚。これに続いて再び私にアタリがあったが、これはすっぽ抜け。

水深56mに移動。西田さん、清水さん、私、今宮さんとアタッたもののここでもすべてマトウで移動。

「水深30m。すぐ根が落ちるからね」とアナウンスがあり再開。ここでは今宮さんに2kg級ヒラメ。同時に私に小型本命。清水さんは1kg級ヒラメをキャッチ。その後も私と今宮さんと西田さんは本命を追加。

泳がせ釣りでマハタ好捕 好ゲストにヒラメやマトウダイにカサゴ2kg級キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

ダブルヒットもあり好調

7時半、水深37m前後を探るも空振り。再び流し変えるとすぐに清水さんに1kg級本命。さらに今宮さんには2kg級。

水深28~40mを転戦し、佐藤さんに1.5kg級。今宮さんも本命を追加。10時前には佐藤さんと私がダブルヒット。オマツリしたものの佐藤さんに本命、私に良型カサゴ。

泳がせ釣りでマハタ好捕 好ゲストにヒラメやマトウダイにカサゴ1kg超え連釣(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

11時前「水深28m。横流しでやってみます。イトが出るので注意して」と、スパンカーがたたまれ横流し。

泳がせ釣りでマハタ好捕 好ゲストにヒラメやマトウダイにカサゴクーラーは美味魚で一杯(提供:週刊つりニュース関東版APC・廣瀬正樹)

納竿時間まであとわずか、仕掛けが底をキープするように意識しながら流すと1kg超え本命をキャッチ。ここで、11時半の沖上がりを迎えた。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。