イカダかかり釣り:本命チヌ27尾に大物ゲスト【福井県・はやし渡船】

7月30日、釣友と小学2年生の息子と3人で福井・おおい町のはやし渡船に行きイカダでチヌ釣りにチャレンジした。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

渡船でイカダへ

出船は午前4時半で、今回入ったポイントは大浦。水深は約9mで潮はゆっくり流れる所だった。

朝一は、息子のタックル準備やダンゴの準備に1時間。それだけで汗が噴き出すいい天気であった。

今回のエサはオキアミ、コーン、アケミ貝、サナギ、シラサエビ。ダンゴは渡船店オリジナルダンゴ、パワーダンゴ、糠、砂、オキアミを使用した。

釣り開始

タックル図

朝一からエサ取りの活性が高く、ダンゴにアタックしてくる。少し硬めのダンゴにしているが、しっかり握らないと底まで届かない状況だった。

開始4投目でシラサエビのダンゴ釣りで、エサ取りのアタリをかわしながら底をキープしていると、シラサエビのエサ独特のコツンとした前アタリがあり、テンションをキープしていると穂先が入った。

そのままフッキングするとチヌのいい引きを感じる。上がってきたのは25cmほどのきれいなチヌだった。釣友も同時刻に同型のチヌを釣り上げた。

次ページで息子もチヌゲットなるか?