イワシ泳がせ釣りで4kg頭に良型マハタ好捕 好ゲストにヒラメも登場

イワシ泳がせ釣りで4kg頭に良型マハタ好捕 好ゲストにヒラメも登場

3月20日(日)、外房・大原港出船の大吉丸から、活イワシを使ったマハタ狙いで釣行してきた。大物の期待が高まるイワシ泳がせ釣行をレポートする。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大吉丸でマハタ釣り

暖かい日が続く外房大原は寒ビラメシーズン終盤戦。しかし、この時期は大型の実績が多く、深場での大判狙いが面白い。また、そんな釣り場ではヒラメに加えてマハタ狙いが脚光を浴びており、アベレージサイズは1~2kg、3~4kgや6kg級も交じっていて、こちらを主役に狙う船が多い。

3月20日(日)、同地の大吉丸からマハタ狙いで釣行した。

イワシ泳がせ釣りで4kg頭に良型マハタ好捕 好ゲストにヒラメも登場外房大原港略図(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

開始10分で本命マハタ登場

4時半すぎに、中田文彦船長の操船で出港し、約1時間で釣り場到着。活イワシが配られ実釣開始。

イワシ泳がせ釣りで4kg頭に良型マハタ好捕 好ゲストにヒラメも登場当日のマハタタックル(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

釣り場の水深は約60m。通常この時期は水深30~50mも狙うが「深い場所は型がいいはず」と前向きにとらえてアタリを待つと、開始10分で右舷トモ寄りのIさんにアベレージサイズのマハタ。

イワシ泳がせ釣りで4kg頭に良型マハタ好捕 好ゲストにヒラメも登場マハタレギュラーサイズ(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

6時すぎ、右舷ミヨシでカンコと見まごうほどの特大カサゴ。同時に左舷ミヨシの鉢木さんにも1.5kg級本命。10年来の常連の同氏は「美味しい魚ならなんでも歓迎」とカサゴやキントキなども釣り上げご満悦。

7時すぎ、キントキのポイントに入ったようで船中同魚が連発。以前は専門で狙う乗合船があったほどだが、最近では数が上がらなかっただけに嬉しいゲストだ。

マハタ4kg手中

この日のクライマックスは8時すぎ。左舷ミヨシ2番の藤田さんに強烈なアタリがくると、竿が限界まで曲がる。魚を根からはがすと、水深70mをスムーズなやりとりで巻き上げ4kg本命を手中。

この1尾も相当すごいが、過去に同船で5.8kgが上がるのを見ているので、「もっとデカいのが潜んでいるのか」と思うと、この海のポテンシャルに驚かされる。

イワシ泳がせ釣りで4kg頭に良型マハタ好捕 好ゲストにヒラメも登場藤田さんが4kgマハタ手中(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

次のページではヒラメも浮上

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。