高難易度の春先シーバスゲームで60cm超含み5尾 小型ルアーが決め手

高難易度の春先シーバスゲームで60cm超含み5尾 小型ルアーが決め手

春先は水温が安定せず、さらに複数のベイトが入り交じるためにシーバスゲームの難易度はかなり高い。そんなタフなタイミングで千葉県の河川へ釣行。ポイント&ルアー選定が見事に的中し、60cm超え2尾含む本命5尾をキャッチできたリバーシーバスゲームをお届けしよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

ソルトルアー ショア

春先シーバスゲームは難しい

今だに気温や水温は安定しない。春先のシーバスゲームは一年で1番難しいと筆者は感じる。いわゆる悶絶ハクパターンと言われる毎年の恒例行事があるからだ。さらに様々なベイトが入り交じり、水面が波立つような派手なボイルはおきてもルアーにまるで無反応。ガン無視だ。

つまり、シーバスはいても食わないことの方が多いのがこのシーズン、特にデイゲームは難易度が上がりまくる。しかし、挑まずにはいられないのが生粋のアングラーではなかろうか?そんなわけで寒さの残る3月下旬、デイゲームとナイトゲームで千葉の河川を狙ってみた。

高難易度の春先シーバスゲームで60cm超含み5尾 小型ルアーが決め手釣り場は千葉の小河川(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

超小型バイブレーション

ポイントは千葉県内のとある小河川だが、この河川は満潮時でも水深1m前後とかなり浅い。さらに様々なゴミや岩が沈んでいて釣りにくいが、シーバスはその障害物に付いている。根掛かり覚悟で攻めなければ釣れない、まさに釣り人泣かせのポイントだ。

使うルアーは、この時期に筆者が1番信頼を寄せるアジング用の超小型バイブレーションだ。小さいがブルブルと小刻みな波動が強く、アピール度が高い。スローに誘うことがセオリーのナイトゲームには使えないが、見切られないように誘うデイゲームではまさに無敵だ。

表層速巻きでシーバスヒット

何投かすると回収直前でヒットしてきた。ピックアップバイトだ!しかし、これは惜しくもバレてしまった。上流の水門が開いているので流れはかなり効いている。濁りもある。ここがチャンスとみて竿を立てて表層を高速で引いてみた。

流れに乗って、かなり速いリトリーブになったが手前でガツンとキタ!サイズこそ50cmだったが、デイゲームで貴重な1匹を手にした。

高難易度の春先シーバスゲームで60cm超含み5尾 小型ルアーが決め手表層の速巻きで50cm級(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

ポイント移動で2尾追加

このチャンスタイムに追釣すべく、さらに流れが効いている上流の水路のポイントへ移動した。ここはかなり複雑なポイントで、ルアーを沈めたら最後、底の岩や障害物に高確率でヒットしてしまう。しかし、ここもその障害物にシーバスが付いているのだ。根掛かりを恐れていては釣れない。そんなポイントだ。

ルアーのウエイトが軽いので、その障害物のギリギリ上を通すことができる。すると数投でヒット!45cmのシーバスだ。さらに橋脚下の暗がりでボイルが発生!すぐにルアーを投げると狙い通りヒット。50cmを少し越えるサイズだ。

デイゲームでこれだけ釣れたので十分満足だが、こうなるとナイトゲームもやりたくなる。それが生粋の釣り人(アングラー)ではなかろうか?そして気が付けばナイトゲームに突入していた。

高難易度の春先シーバスゲームで60cm超含み5尾 小型ルアーが決め手45cmもキャッチ(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

次のページではナイトゲームの模様をお届け

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。