伊藤さとしのプライムフィッシング【春はグルダンゴが面白い:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【春はグルダンゴが面白い:第2回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「春はグルダンゴが面白い」。今回はメリットや相性について考えてみよう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

集魚力を補う

グルダンゴとはダンゴとグルテンの合体エサですよね。素朴な疑問なのですが、粉のうちから両者を混ぜ合わせてはダメですか?

伊藤 さとし

「ダメではないけど、それだとグルダンゴ最大のメリットを殺してしまうことになるよ」

 

最大のメリット?

伊藤 さとし

「つまりは比率だよ。ウキの動きを見ながらダンゴ、グルテンの比率を変化させる。最初から混ぜてしまっては変化させることができないよ」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春はグルダンゴが面白い:第2回】この状態から両者を合体させる(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

なるほど。実釣時も伊藤さんは徐々にダンゴの比率を高めてマーブルさせてました。

伊藤 さとし

「あの時はジャミが多かったからね。でも逆の場合もあるよ。グルテン率を高めてダンゴは匂い付け程度。とくに放流ベラが底で食っている時などはかなりいいエサになるからね」

 

つまりあくまでメインはグルテンであり、ダンゴは集魚力を補う目的で使うのでしょうか?

伊藤 さとし

「どっちを主役にするかはその人次第だから何とも言えないけど、グルダンゴが効くシーンや季節を考えるとグルテンを主役にして、足りないものをダンゴで補うと考えてエサ作りしたほうが効率的ではあるよね」

 

比重の調整

グルテンだけでは足りないものと言えば、前述した集魚力のほかに何がありますか?

伊藤 さとし

「比重だろうね。これはグルテンだけではいかんともしがたい」

 

なるほど。ではペアとするダンゴの銘柄は、重めがいいということですか?

伊藤さとしのプライムフィッシング【春はグルダンゴが面白い:第2回】グルダンゴの作り方(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「底釣りならね。何でもそうだけど、性質が似かよったものをブレンドしてもあまり意味はないからね」

 

であれば両ダンゴでやっていて、もう少し比重を軽くしたい時にグルテンを合体させるという考え方もあるのでは?

伊藤 さとし

「もちろんだよ。だからこそ春はグルダンゴが面白いというテーマにもつながるのだからね。盛期ほどの活性はないけど厳寒期ほど渋くもない。適度に開いて適度な比重がある。そういう自在性を持たせられるのがグルダンゴの最大のメリットなんだからね」

 

宙釣りとは相性が悪い

先ほど底釣りではね、と言ってましたが、宙釣りのグルダンゴはないのでしょうか?

伊藤 さとし

「あまりやらないね。であればセットにしたほうが手っ取り早いし、そもそも宙のダンゴエサとグルテンでは相性が悪くていいエサにならない」

 

相性が悪い。つまりは宙のエサはグルダンゴには向かないと?

伊藤 さとし

「やってみれば分かるよ。たとえば新べらグルテンとバラケマッハを混ぜたりする?」

 

あまりしないですね。使っているグルテンに粉のマッハをパラパラ振りかけたりはするかもしれませんが。

伊藤 さとし

「でもそれはグルダンゴとは言わずただの手直しでしょ?」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【春はグルダンゴが面白い:第2回】清遊湖の桟橋で絞る伊藤(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

確かに(笑)。

伊藤 さとし

「ボソっぽいもの同士をマーブルさせると、そのエサの特性が逆に生かされなくなるし、そもそも混ぜにくいんだよね。混ぜにくいから何度もコネコネしてしまい、結果的に開かないエサになってしまう。これでは宙釣りでは使いにくいでしょ」

 

つまり使うエサには相性があるということなのかもしれない。そこで次週ではそのへんのところを詳しく見ていこう。

次回も「春はグルダンゴが面白い」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
清遊湖
TEL=04(7193)1255
この記事は『週刊へらニュース』2022年4月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。