陸ロックフィッシュ釣行:バス用ワームでアコウ!【山口県・巌流島】

7月後半、奥村さんとロックフィッシュゲームで関門エリアの巌流島へ。ソフトルアーでショアから根魚を狙ってみた。

●山口県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

久美丸に乗って巌流島へ!

午前6時、門司港第二船溜から久美丸に乗って、巌流島の釣り桟橋に到着。

タックルを準備して、まずは桟橋エリアから探ってみる。潮はちょうど西流れから東流れに変わる間際のようなので、8g台の軽いオモリでやってみる。

筆者のタックル図

ひと通り桟橋エリアを探ってみると、海底はほぼ砂地で所々に小さな根があるくらい。狙いのアラカブやアコウにはどうかな?と思ったので、桟橋の付け根の岩がある場所に移動。

ここは石積みの基礎があり、アラカブの住処になっていそう。ただ、沖が砂地だからかフグが異常に多く、少し沖から探ると小さなアタリでフグが掛かるか、毎投、ワームのテールがなくなって戻ってくる。アタリがあるので楽しいのだが…これではワームがいくらあっても足りない。

少し歩いて、目視で根があり深みもあるポイントへ。東流れでは本流の引かれ潮になるところだ。

スピニングタックルを使い、『DAIWA/月下美人プリズナー』7gのメタルジグでテンポ良く探る。しかし、このポイントもフグが多く、それ以外の魚のヒットは小さなクロソイのみ。奥村さんも苦戦をしていて、『DAIWA/KJカーリー』が半分なくなったり、テールがなくなったりとワームのロストが続く。

次ページでポイント移動