ちょい投げシロギス釣り:簡単&美味で家族満足【キホン解説&釣行記】

この季節の家族でのお出かけに、「ちょい投げキス釣り」はどうだろう。比較的安全な漁港の堤防や砂浜がポイントとなり、手軽に釣りができて、また食べてもおいしいキス。釣り初心者でも手軽に狙えるので夏の思い出作りにレッツ・ゴー! 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

キス釣りの魅力

キス釣りの魅力は何といっても、あの小さい魚体から想像もできないアタリ!明確に手元にまで「ゴン、ゴン、ゴン」と伝わる激しいアタリと天ぷらで食べたときの、あのほくほく感。

これは、釣り人だけしか味わえない醍醐味(だいごみ)。

釣ってもオイシイ、食べても美味しい。

ではここで「ちょい投げキス釣り」に必要なタックル(道具)やエサ、釣り方、ポイントなどについて説明していこう。

サオとリール

最近では、ちょい投げキス釣りも釣りのブームとして手軽に立ち寄れる町の釣具店から大型釣具店で、サオ・リール・ライン(リールにはミチイトが巻いている)がセットになったタックルが店頭に並んでいる。価格も2000~3000円くらいで買えるものが多く、最初はこのクラスで十分。

少しベテランファミリーを目指す人には、エギングやシーバス用の2~2.5m程度の長さの2ピースロッドが持ち運びにも便利なのでお勧め。このくらいのタックルを持っておくと、春や秋のエギングやアラカブなどを狙った根魚釣りなどシーズンを通して使える。

1尾でも多くキスを釣りたい!道具にもこだわりたいファミリーにはエギング用の中通しタイプのサオ&リールにはPEライン(0.6号もしくは0.8号)を巻いたタックルはいかがだろう。

潮の動きが弱い状況や、キスがあまり貪欲にエサを追わないときの小さなアタリをものにすることが可能となり、海底の砂の起伏も鮮明に手元まで伝わることでポイントも見つけやすく、ちょい投げキス狙いでは最強のタックルといえる。

どのタックルでも釣りから帰ってきたら、サオのガイド部分(ラインが通る輪)や手元、リールのミチイトなど海水に触れた部分は特に塩分を取り除く意味で、真水で水洗いしよう。

そうしないとせっかくのタックルがすぐにダメになってしまう。

次ページで仕掛けとポイント解説!