イカメタル釣行でヤリイカ2ケタ 繊細なアタリ掛ける釣趣を堪能

イカメタル釣行でヤリイカ2ケタ 繊細なアタリ掛ける釣趣を堪能

イカメタルで狙うヤリイカ釣りに、茨城鹿島の幸栄丸で行ってきました。釣行当日、通常スタイルの釣りではトップ100尾超え。ここでは、イカメタルの繊細&多彩なアタリを楽しんだ釣行をレポートします。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

幸栄丸でヤリイカ狙い

3月21日(月・祝)、茨城鹿島の幸栄丸から、イカメタルで狙うヤリイカ釣りに行ってきました。

イカメタル釣行でヤリイカ2ケタ 繊細なアタリ掛ける釣趣を堪能鹿島港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

通常であれば水深150~200mをオモリ150号で狙う中深場の代表的な釣りですが、この季節になると、鹿島周辺の海域などで群れが水深100mに満たない浅場に寄るため、オモリ40~80号で釣果がではじめたら、イカメタル出撃の合図ですよ~♪

4時に受付開始。港は釣り人の車がズラリと並び、盛り上がりを実感。

この日イカメタルは私と釣友の田辺さんの2人。ほかの釣りの人と同船するので、予めイカメタルをやる旨を使えておくといいでしょう(人数次第ではイカメタルのみでの出船することもある)。

イカメタルタックル

専用ロッドもあるほど注目の釣りですが、私は普段テンヤマダイで使用する竿を用意。ラインや竿先に出る繊細なアタリや触りを掛けていく釣りになので、先調子がオススメ。

ミチイトはPEライン0.6号でリーダーは2.5~3号1.5m前後。通常のタックルの釣り人との同船や宙層でのヒットが多いので、潮切れを意識して素早く仕掛けをフォールさせるようなセッティングが理想です。

釣友の田辺さんに本命ヒット

5時出船。約1時間で釣り場に到着。周辺には船団が形成されているものの「先に到着した船では釣れていないみたい。水温が5度も下がってしまって、きのうも厳しかったんですよ」と仲乗りさん。

水温の低下に加え、雨風とウネリ、寒さに指先がシビれます。序盤は苦戦しましたが、いくつかポイントを移動し、ノーマルタックル組にヒット。

「今、型上がったよ。広く探って頑張って」と船長からアナウンスで奮起。

しばらくして田辺さんに本命ヒット。

イカメタル釣行でヤリイカ2ケタ 繊細なアタリ掛ける釣趣を堪能田辺さんにヒット!(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

ベタ底で35cm本命キャッチ

私はというと、アタリは感じるものの、ウネリと雨風に苦戦して、なかなか掛けられません。田辺さんは水深75mのベタ底でヒットしたようなので、なんとか底付近で仕掛けを安定させられるよう竿先に集中。

シャクリからのフォール中で、PEラインにモゾモゾっと違和感。アワせてみると…竿先をガッシリ止める重量感に「やっときた~」。ウネリでバラさないように、慎重に巻き上げると35cm本命。

イカメタル釣行でヤリイカ2ケタ 繊細なアタリ掛ける釣趣を堪能良型ヤリイカをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

次のページで最終釣果とサオ頭釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。