ボートジギングで大型クロダイ連発 「年無し」メインに7匹と春爆堪能

ボートジギングで大型クロダイ連発 「年無し」メインに7匹と春爆堪能

三重県桑名市の港から出船し、ベイエリアでのクロダイのジギングを楽しんできた。今回は、年無し6匹含む計7匹のキャッチ。まさにクロダイ春爆の好釣果、大満足の釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

クロダイ狙いのいジギング釣行

2月下旬、三重県桑名市の港から出船し、ベイエリアでのクロダイのジギングを楽しんできた。現地に到着したのは午後10時すぎで、釣友の宮地さんと準備して出船。

まずは揖斐川の橋脚周りでシーバスを狙ったが空振り。そこで川越方面へ移動し、産卵を控えたプリスポーンの大型クロダイに狙いを絞った。

ジグはジャズルアー爆釣ジグのセンターバランス40gのピンクバックだ。狙い方はシーバスの橋脚付近の地形変化のある所を、メタルジグで広範囲に探るジギングスタイルだ。

クロダイは橋脚にタイトにルアーを落とす方が釣れそうだが、宮地さんによればまだ水温が低いので、橋脚に貝がしっかりと付着しておらずメインベイトがバチらしい。宮地さんは前釣行で釣ったクロダイがバチを吐き出したとのことだった。

狙いの水深は約6~7m。水面でクルクルバチと言われる小型のバチが泳いでいる。

ジグをキャストして底まで落とし、底付近を探っていく。ヒットジグを探すため、私はセンターバランスでヒラヒラとアクションするジグ、宮地さんはリアウエートでお尻を振るジグを使う。

早々に50cm超「年無し」登場

ジグが着底後、角度にして約30~45度の振れ幅でロッドを動かし、リフト&フォールで誘いをかけていくと、コツコツと何か触る反応が出た。

反応が出たラインに再度キャストすると、着底からアクションに移った瞬間、コツッとバイトが出た。直後に重みが乗り、巻きながらアワセを入れると重量感あるヒット。クロダイの強じんな口にフックを貫通させるため、追いアワセを入れてファイトに持ち込む。

最初はすんなりと上がってきたが、一気にドラグを鳴らして走りだす。周囲のバースにラインを巻かれないように注意しながらファイトし、ネットに収めたのは、50cmオーバーのクロダイ。いきなりの年無しキャッチに笑みがあふれた。

続けて宮地さんのロッドも大きく曲がり、私がフォローに回る。キャッチしたのは、またしても50cm超えの年無しクロダイ。わずか30分ほどの出来事だ。底付近で反応がいいと分かり重点的に探ると、宮地さんが立て続けに年無しを連発計3匹をキャッチした。

ボートジギングで大型クロダイ連発 「年無し」メインに7匹と春爆堪能宮地さん50cmの年無しクロダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

自己記録更新55cmクロダイキャッチ!

私はと言うとバイトは出るが、最後まで食わせ切れないので、ジグをリアウエートのシーフラワー45gに替えると、甘がみだった反応が一変。すぐにヒットすると、先ほどより重量感がある。慎重にファイトするが、ラインが尋常ではないほど出される。何とか止めて浮かせたが、体力は衰えずものすごい勢いで走りだすと、フッとフックが外れてしまった。

ラインの傷をチェックして新しく結び直し、気を取り直して探るとすぐにヒット。こちらも重量感は申し分ない。ロッドが大きく曲がり、ドラグを鳴らしてラインが一気に出ていく。

慎重なファイトで徐々に寄せてきて、キャッチしたのは私の自己記録更新となる55cmのクロダイだ。宮地さんもビッグファイトの末に55cmをキャッチした。

ボートジギングで大型クロダイ連発 「年無し」メインに7匹と春爆堪能筆者の自己記録更新となった55cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

この魚は中層でのヒットらしい。私も底付近から少し中層まで巻き上げていくと、コツコツとバイトが出るがうまく乗せられない。

良型連発

一人舞台の宮地さんは年無しを連発。感覚が麻痺したのか、大きくロッドは曲がっていてもそんなに大きくないと言う。キャッチしたのは45cmオーバー。これでも十分良いサイズなのだが、キャッチしているのが別次元のサイズばかりなので、小さく思えてしまう。

この魚を最後に午前2時すぎにストップフィッシングとした。

ボートジギングで大型クロダイ連発 「年無し」メインに7匹と春爆堪能どの魚も体高十分(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。