釣り人的「食品ロス削減」レシピ:メジナの皮ポン コラーゲンたっぷり

釣り人的「食品ロス削減」レシピ:メジナの皮ポン コラーゲンたっぷり

春磯で人気のメジナ。刺し身はもちろん、煮ても焼いてもおいしい。しかし、大きいものになると皮が硬くて食べにくい。そこで今回はコリコリした食感とコラーゲンたっぷりの「メジナの皮ポン」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

自宅での下処理

持ち帰ったメジナは、さばきながら、部位ごとに分けていく。頭とカマは煮付けやみそ汁、身は刺し身などに。

30cm前後の小型なら皮も軟らかく、どんな料理でも合うが、40cmを超えると皮が硬い。しかし、この皮こそが「芋焼酎に合うひと品」になる。

ウロコ剥ぎの裏ワザ

下処理したメジナはウロコを剥いで3枚におろす。この時、片方の身はウロコが付いたままおろし、もう片方だけウロコを剥ぐ。

釣り人的「食品ロス削減」レシピ:メジナの皮ポン コラーゲンたっぷりウロコは半分だけ落とす(提供:TSURINEWSライター松田正記)

骨付きの片身(半ぺら)にすることで、腹側にちょうど人差し指が入る穴ができる。ここに指を入れて作業すると、魚がツルッと滑らずにウロコ剥ぎがスムーズになる。ちょっとした裏ワザだ。

釣り人的「食品ロス削減」レシピ:メジナの皮ポン コラーゲンたっぷり穴を利用すれば滑らない(提供:TSURINEWSライター松田正記)

皮を加工する

ウロコを取った分は3枚におろし、皮を剥ぐ。途中で千切れないよう包丁をしっかり寝かせるのがコツ。

釣り人的「食品ロス削減」レシピ:メジナの皮ポン コラーゲンたっぷりしっかり寝かせて皮を剥ぐ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

身は別の料理にとっておき、今回は皮だけを使う。まず、皮をまな板の上で平たく伸ばし、ラップをかけて冷凍する。2時間ほどで凍る。

釣り人的「食品ロス削減」レシピ:メジナの皮ポン コラーゲンたっぷり平たくして冷凍する(提供:TSURINEWSライター松田正記)

細切りにする

凍らせたメジナの皮は再びまな板ののせ、細切りにしていく。生のままだと弾力があり過ぎて切りにくいものの、半氷の状態だと切りやすい。

熱湯にくぐらせれば完成

細切りにした皮はザルに移して熱湯にくぐらせる。あとは皿に盛ってポン酢をかければできあがり。好みで紅葉下ろしを加えてもOK。

コリコリした食感と噛めば噛むほど味が出るところがたまらない。

釣り人的「食品ロス削減」レシピ:メジナの皮ポン コラーゲンたっぷり完成(提供:TSURINEWSライター松田正記)

唐揚げもOK

余った分は冷凍もいいが、唐揚げにしても美味しい。その際は片栗粉をまぶして油で揚げる。カリカリに揚がったところで、塩コショウを振ると「ビールによく合う」。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。