夜の堤防アナゴ釣りで本命8匹キャッチ 時合いには足元で連発

夜の堤防アナゴ釣りで本命8匹キャッチ 時合いには足元で連発

三重県四日市市の磯津漁港へアナゴを狙って釣行した。時合いにはアタリが連続して入れ食いのようによく釣れたので、ツ抜けも期待した釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

磯津漁港でアナゴ釣り

以前、週刊つりニュース中部版でアナゴ釣りが特集されていたが、2月18日はこれを参考に三重県四日市市の磯津漁港へ妻と釣行した。磯津漁港は昨年7月に釣行したことがあり今回で2回目。前回は8匹キャッチした。

夜の堤防アナゴ釣りで本命8匹キャッチ 時合いには足元で連発磯津漁港ポイント略図(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

参考にしたのはエサで、魚の切り身(サンマ)とマムシ(イワムシ)を用いた点。これまではアオイソメの一択だったので、実際に試してみようとフィッシング遊の長久手店でアオイソメ、アカイソメ、サンマの切り身を購入した。

釣り場の様子

自宅を出発したのは午後6時。途中のコンビニで弁当と飲み物を購入し、磯津漁港には8時30分に到着した。釣り人は2組だけで釣り場はガラガラ。好きなポイントを自由に選択できた。

潮は中潮(前日まで大潮だったので大潮に近い中潮)。干潮は午後7時なので上げ潮だ。気温は3度で晴れ、若干欠けた月が夜空を明るく照らしてくれる。少し風があるので、先端の灯台で風が当たらない位置に道具を置いてしのいだ。

夜の堤防アナゴ釣りで本命8匹キャッチ 時合いには足元で連発開始時は雲が少なく月明りがあった(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

当日の仕掛け

早々に準備して仕掛けを投入する。サオは4本出し、2本はサンマの切り身、残り2本はアカイソメとアオイソメを付ける。そして、サオを監視しながら食事を取った。

夜の堤防アナゴ釣りで本命8匹キャッチ 時合いには足元で連発当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

アオイソメにレギュラーサイズ

約30分が経過。アタリはないが状況確認のため仕掛けを順番に回収すると、アカイソメを付けた仕掛けにレギュラーサイズのマアナゴが掛かっていた。

サオが大きく曲がらなかったので居食いしていたと思われる。アオイソメは取られていたが、サンマの切り身は2本とも原型をとどめており、食われた痕跡はない。

午後10時30分、アオイソメを付けたサオ先が大きく曲がった。少し時間を置いてからサオを持ち、リールのハンドルをゆっくり回すと重みを感じる。レギュラーサイズのアナゴをゲット。1匹目から時間がかかった。

夜の堤防アナゴ釣りで本命8匹キャッチ 時合いには足元で連発アベレージサイズをゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

アタリは手前2~3m

これを皮切りにアタリが連続した。私が2匹目のアナゴのハリを外している間に別のサオにもアタリがあり、妻が3匹目を難なくキャッチ。3匹目のハリを外している間にもまた別のサオにアタリあり、妻が4匹目をキャッチした。

夜の堤防アナゴ釣りで本命8匹キャッチ 時合いには足元で連発奥様もアナゴをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

投入ポイントは、それまで手前と遠投を交互に試していたが、手前2~3mで最もよくアタリが出た。

この状況が午後11時まで続いたが午前0時を過ぎるとアタリがなくなり、0時30分に納竿とした。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。