城ヶ島でのフカセ釣りで40cm頭メジナ6尾 想定外の60cmマダイも御用

城ヶ島でのフカセ釣りで40cm頭メジナ6尾 想定外の60cmマダイも御用

2月18日、神奈川県にある三浦半島城ヶ島地磯の猪子島手前のワンドでメジナを狙った。前半は澄み潮に苦戦したが、潮が動くと良型連発。40cm頭にメジナ6尾と、60cmマダイをキャッチした釣行の模様をお届けする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

メジナ狙いフカセ釣り

私が住んでいる三浦半島では、ここ近年は地球温暖化の影響か、この時期でも城ヶ島一帯はエサ取りが消えず難しい状況が続いていた。

城ヶ島でのフカセ釣りで40cm頭メジナ6尾 想定外の60cmマダイも御用釣り場略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

しかし、今年は状況が一変。例年になく寒さが続いて水温がかなり低下したため、やっかいなエサ取りがとても少なく、エサがメジナの遊泳層まで容易に届くので、食えば本命という状況が持続。当日は期待を込めての釣行だ。

澄み潮に苦戦か

6時、土産店街入口にある有料駐車場に車を止め、そこから徒歩15分ほどで猪子島手前ワンドに到着。横浜から来た小杉さんの左隣に、あいさつを交わして入る。まきエサは配合エサ2袋にオキアミ6kgを混ぜ合わせ、付けエサは生オキアミ。仕掛けは、ハリス2号3m、ハリはグレ5号で開始。

城ヶ島でのフカセ釣りで40cm頭メジナ6尾 想定外の60cmマダイも御用タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

期待を込めての第一投、まずはウキ下5mで釣り始める。案の定、付けエサはまったく取られず我慢のしどころ。波はなく、澄み潮でとても厳しい状況。

潮が動いて良型連発

11時半、小杉さんが35cm本命をゲット。「北風が強くて、仕掛けが入りづらいので、5Bのウキに5Bの水中ウキを使用して、ウキ下は竿1本半、ハリス1.5号で食わせました」と教えてくれた。

城ヶ島でのフカセ釣りで40cm頭メジナ6尾 想定外の60cmマダイも御用35cm本命ゲット(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

そこで私も仕掛けを変更。1号のウキにオモリ1号、ハリス1.7号、ハリはグレ4号にサイズダウン。ウキ下9m、食いが渋いので付けエサのオキアミは、皮を剥いたむき身にする。止まっていた潮が左から右へと動きだしたこともあり、アタリが続いて良型を連発。

城ヶ島でのフカセ釣りで40cm頭メジナ6尾 想定外の60cmマダイも御用本命キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

次のページで60cmマダイ浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。