2022年オススメ渓流釣り場:新潟・魚野川水系 フライ愛好家の実績場

2022年オススメ渓流釣り場:新潟・魚野川水系 フライ愛好家の実績場

昨年の新潟県・魚野川水系は大型魚のラッシュであった。水量の増減が著しく、日々変化する状況での流域・ポイント選びが楽しめた。今年も楽しませてくれることを願いつつ、お勧めの釣り場を紹介したい。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

魚野川本流土樽地区

本流の土樽地区は左岸に河川敷公園があり、水量豊富で分流もあるのであらゆる釣法が楽しめる。駐車場所から川が観察できるので、イスでコーヒータイムしながらライズ待ちといったぜいたくなことが可能。オオクママダラやモンカゲロウのハッチに遭遇すると昼間の激しいライズがあって、昨年はエン堤下の連続ヒットがあった。

2022年オススメ渓流釣り場:新潟・魚野川水系 フライ愛好家の実績場透き通るような魚体(提供:週刊つりニュース関東版APC・井田泰司)

毛渡沢の合流から上流は川幅、水量が少なくなるので、河原歩きが好きなアングラー向き。また合流付近のエン堤下はヤマメ、イワナともに大型がヒットするスポット。

大源太川合流点本流

湯沢インターからすぐ近くの支流・大源太川は川の両サイドに道路、川への階段がある。放流が盛んなので、里川の雰囲気を楽しみたい方や短時間で反応を確かめたい時にオススメ。しっかり護岸されているので、歩きながら好みのポイントを探しては川に下りるといった釣りもできる。

注目は本流との合流点上・下流。上流には岩盤の淵や専用区があり、多くの魚がストックされている。下流はレジャー施設や大エン堤と大場所で水量が多い。五十嵐橋上流にはC&R区間の設定があり、大型魚のチャンスが多くなる。

登川

登川は、石打塩沢インター近くの支流でエン堤が多い。中・下流域の釣りは、このエン堤を攻略することが重要。エン堤下の巻き返しや白泡周り、消波ブロックや大岩などの流れを変化させている場所の魚を反応させていくと、ハッチの時間帯に遭遇したり、イブニングタイムの爆釣につながる。ライズ待ちするより、積極的な釣りで魚を探すことが吉のようだ。

エン堤群から上流は巨岩帯になっている。テクニカルなエリアで、アプローチや歩きのテクニックが要求される。定位する魚やライズはほとんどないが、この緩流点は、アタックしてくると予想したところからゆっくり浮上してくるイワナに興奮する。

清水集落から上流は沈み石が多い瀬の渓相が多く、石周りの流れの攻略を楽しめる。ここでも時間帯によっては瀬で激しいライズに出会うことがある。

次のページでは昨年絶好調だった三国川を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。