釣り人的「万能ダシ」:白身魚のフュメドポワソン 使用可能な魚種は多彩

釣り人的「万能ダシ」:白身魚のフュメドポワソン 使用可能な魚種は多彩

魚料理の締めは、やはり汁物。魚のアラを使った吸い物や雑炊などが定番だ。そんな出汁(だし)が「食べたい時に、いつでもある」とうれしい。そこで今回は釣り好きの店主(藤まる食堂)一押しの「万能だし(フュメドポワソン)」の作り方を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

Avatar photo
松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

万能だしに合う魚種

まずは万能だしに合う魚種を紹介する。基本的に白身の魚なら大半、いいだしが出る。なかでもクロやチヌは定番中の定番だ。

そのほか、スズキ、カサゴ、メバル、アカハタ、マダイもOK。

だしの取り方

次にだしの取り方を順番に説明しよう。

(1)魚のカマを準備。頭からカマを外し、エラを取る(中・大型魚の場合は、カマは煮付けや塩焼きに取っておき、頭のみを使う)。

釣り人的「万能ダシ」:白身魚のフュメドポワソン 使用可能な魚種は多彩頭とカマでだしを取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

(2)頭とカマの血合を洗い落とす。

(3)(2)を鍋に入れ、水を注いでひと煮立ちさせる(滑り取り&霜降り)。

(4)(3)の水を切り、鍋に戻す。

(5)再び水を加え、火にかける。

(6)灰汁を取りながら、10分ほど煮込んでいく。

釣り人的「万能ダシ」:白身魚のフュメドポワソン 使用可能な魚種は多彩灰汁を取りながら煮込む(提供:TSURINEWSライター松田正記)

(7)だしの色がほんのり黄色くなればOK。

(8)(7)をザルでこす。

釣り人的「万能ダシ」:白身魚のフュメドポワソン 使用可能な魚種は多彩ザルでこす(提供:TSURINEWSライター松田正記)

だしの粗熱が冷めたら、ペットボトルに移してできあがり。

保存

保存する際は冷蔵室に。日持ちの目安は3~4日。すぐに使わない場合は冷凍しておけば半年ほど持つ。冷凍する時は、だしの量がペットボトルいっぱいだと、膨張して破裂する。これを防ぐために7~8分目にとどめてほしい。

次のページで美味しい使い方を紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。