芦ノ湖トラウトゲームが開幕 シーズン・放流魚・釣法・ポイントを解説

芦ノ湖トラウトゲームが開幕 シーズン・放流魚・釣法・ポイントを解説

神奈川県西部の箱根町にある県内最大の湖・芦ノ湖のトラウトゲームが解禁した。毎年3月1日に特別解禁釣り大会が実施され、翌2日に一般解禁して12月14日まで楽しめる。ここでは同湖の放流魚・釣法・ポイントを解説する。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

芦ノ湖のトラウト釣り

神奈川県西部の箱根町にある県内最大の湖が芦ノ湖だ。西に霊峰富士、南に天城連山を有する伊豆半島があり、富士箱根伊豆国立公園に指定されている。また、箱根関所などの観光地が多く、温泉街も点在し、箱根駅伝の折り返し点としても有名だ。そのような風光明媚な土地柄に芦ノ湖はある。

同湖は日本で初めてブラックバスが放流された地であり、バス釣りのメッカに挙げられる。

ワカサギは箱根町の「町の魚」に指定され、「神奈川の名産100選」にも選ばれている。また、刺網漁が解禁となる10月1日の初漁のワカサギは箱根神社に奉納し、宮内庁に献上されている。

大型のマス類

芦ノ湖トラウトゲームが開幕 シーズン・放流魚・釣法・ポイントを解説秋期に出たブラウン64.5cm(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

同魚を飽食し大型化しているのが、放流されたマスたち。魚種としては、ニジマス、ブラウントラウト、サクラマス(サツキマスを含む)、イワナ(主にニッコウイワナ、年によってはアメマス)、コーホーサーモン、ヒメマスだ。

ニジマス、ブラウン、イワナは、釣りごろサイズから最大で70cm超えが解禁前に放流されており、解禁後も追加放流される。それ以外のサクラマス、コーホー、ヒメマスは稚魚放流だけで、釣れてくるのは放流から1~2年が経過した魚だ。

シーズンと釣り方

芦ノ湖トラウトゲームが開幕 シーズン・放流魚・釣法・ポイントを解説尾ビレの大きなイワナ57.5cm(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

釣期は、毎年3月1日に特別解禁釣り大会が実施され、翌2日に一般解禁して12月14日まで。釣りができるのは、漁協が定めた日の出1時間前から日の入り1時間後までで、夜釣りは禁止されている。また、禁漁区が設定されている他、岸からのエサ釣りは細かなルールが設定されている。

漁法は、ルアー、フライ、エサ釣り、トローリングが許可されており、キャスティングだけでなく、レイクジギングやハーリング、ムーチングなどで楽しめる。ボートを利用するなら、箱根町湾、元箱根湾、湖尻湾に計17件のボート店がある。

ポイント&釣法ともに多彩

釣り場は、禁漁区を除く湖全域で湖岸長約20km。水深は平均約15mで、最大深度は約45m。遠浅の浜、急深のカケアガリ、水中島など地形は変化に富み、さまざまなポイントが点在する。

芦ノ湖トラウトゲームが開幕 シーズン・放流魚・釣法・ポイントを解説夏期は深場のコーホーが釣れやすい(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

水温が上がってくる4月中旬からは、ネイティブな魚の季節になる。サクラマス、コーホー、ヒメマスが釣れ始める。いずれも銀白色の魚体が美しい。サクラマスは黒鉛色の背中、コーホーは緑がかった背中、ヒメマスは側帯部分がほのかにピンク色をしている。

芦ノ湖トラウトゲームが開幕 シーズン・放流魚・釣法・ポイントを解説ヒメトロで釣ったヒメマス32cm(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

サクラマスとコーホーは最大で60cmを超える。これらを専門的に狙うならトローリングが適しているが、キャスティングやレイクジギング、ムーチングなどでも釣ることができる。

次のページで芦ノ湖のポイントを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。