青物ジギングゲームでブリ・ヒラマサ・サワラ好捕 いずれも良型に満足

青物ジギングゲームでブリ・ヒラマサ・サワラ好捕 いずれも良型に満足

福岡県糸島市加布里漁港の達喜丸(たつきまる)で、玄界灘の青物を狙いでジギングに行ってきた。朝の時合いに全員安打達成するなど、好釣果となった釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・宮崎勝太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

達喜丸でジギング

2月上旬、福岡県糸島市加布里漁港の達喜丸(たつきまる)で玄界灘のジギングに友人2人と挑んできた。

ジギングは落とし込み釣りがシーズンオフの真冬に数回やる程度の初心者だが、同船ではレンタルタックルもお願いできるので、初心者でも本格的なタックルで挑戦することも可能だ。

青物ジギングゲームでブリ・ヒラマサ・サワラ好捕 いずれも良型に満足当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・宮崎勝太)

ポイントに到着すると全員が片舷に並び、ドテラ流しで釣りをするのが基本だ。ジグは水深、潮の流れ、速さなどで使い分けが必要だが船長が細かくアドバイスをくれるので指示に従えば間違いない。

開始早々にブリ10kg

始めは水深90mほどなので200gを使用。すると、開始数分で友人と同船者にヒット。サオが大きく暴れるが強引に巻き、上がってきたのは10kgクラスのブリ。使用したジグはこの時期の定番であるグロー(蓄光)が塗ってあるジグだった。この時期、深場でイカを捕食している魚にはグローが効果的なのだそうだ。

青物ジギングゲームでブリ・ヒラマサ・サワラ好捕 いずれも良型に満足友人に大型ブリ10kg(提供:週刊つりニュース西部版APC・宮崎勝太)

朝の時合いで全員安打達成

私もすぐにグローが塗ってあるジグに交換すると、すぐにヒット。サイズは大きくなかったがヤズを釣り上げることができた。

その後も船内は慌ただしく、誰かがヒットすれば1人、2人とヒットが続き船長もタモ入れが間に合わないほどだった。朝の時合いで全員安打を達成、また全員複数キャッチしたのでポイントを移動して、今度はヒラマサを狙うことにした。

初心者の私はヒラマサとブリで狙うポイントが違うことに驚いた。ヒラマサのポイントは水深が少し浅く80mほどだったので、170gのジグに交換。ジグの重さを交換する際は、同船者とあまり重さが違いすぎないように注意が必要だ。

グロー系のジグに大マサ

移動してすぐは反応こそなかったが、潮が動き始めたタイミングで同船者にヒット。ドラグが唸り、明らかに大物なのが見ていて分かった。上がってきたのは1mをはるかに上回る13kg超えの大マサだった。使用されていたジグはやはりグローのジグ。

私も自分のジグを信じてシャクリ続け、終了1時間ほど前にようやく納得のいくサイズの本命を釣り上げることができた。

青物ジギングゲームでブリ・ヒラマサ・サワラ好捕 いずれも良型に満足納得のサイズのヒラマサキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・宮崎勝太)

次のページでは帰港途中にサワラもゲット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。