シーバスゲームで40cm級本命好捕 引き速度とレンジ的中で会心の一撃

シーバスゲームで40cm級本命好捕 引き速度とレンジ的中で会心の一撃

三重県四日市市の、富洲原から霞ケ浦ふ頭周辺でシーバスを狙った。今回は全てがうまくかみ合って、極寒期でも楽しい釣りを展開することができ、納得の釣行となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港でシーバス釣り

2月9日、三重県四日市市の富洲原から霞ケ浦ふ頭周辺へ出かけ、ライトゲームを楽しんだ。現地に到着したのは午後9時すぎだった。

当日のタックルは、ロッドが18ワールドシャウラ2701FF、リールがツインパワーC3000、メインラインがスーパージグマンX8PEライン0.8号、リーダーがハードコアエギングリーダーフロロカーボンライン8lb、ルアーはジャークソニック65mmシンキングのチャートヘッドカラーだ。

シーバスゲームで40cm級本命好捕 引き速度とレンジ的中で会心の一撃当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

まずは周囲にある常夜灯によってできた明暗部にキャストして、スローのタダ巻きで探る。反応がないので、少しずつ移動しながら広範囲に探っていくが、やはり反応はない。よく見ると、水質の透明度がかなり上がっている。

おそらくは雪代が入ったりして水温が低下し、プランクトンの発生が少なくなったのが原因のようだ。フィールドはまさに冬本番の様相だ。

まずはセイゴから登場

そこで、まずは1匹をキャッチすることを目標に、ルアーを熟成アクア活メバルミノー1.6inchのパールシラス夜光カラーにデコイデルタマジックSVー51の2.5gを組み合わせたジグヘッドリグに変更した。

狙いは先ほど同様明暗の境目で、キャスト後にカウントを5~6を取り、中層をスローのタダ巻きで探ってみた。

何度か探っているとコンと何かが触れたので、反応のあった所より少し沖にキャスト。デッドスローで探ると、ロッドを握る手元に魚の重みが乗った。アワせると小気味良い引きが伝わってくる。

キャッチしたのは、セイゴクラスのシーバスだった。目標の1匹を達成してホッとひと息。

シーバスゲームで40cm級本命好捕 引き速度とレンジ的中で会心の一撃セイゴからスタート(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

根魚狙いにシーバス40cm

続けて習うが、反応がないまま時間が過ぎていく。ここで狙いを根魚に変更。ジグヘッドを底まで沈めて、スローのタダ巻きで中層まで探る。

再び底まで沈めてリトリーブを繰り返していると、中層で手元に重みを感じた。アワせるとドラグを鳴らしてラインを出していく。良型のロックフィッシュか思い、少しずつ寄せてくると水面に出てジャンプを見せる。シーバスだ。しかもまずまずのサイズ。これはぜがひでもキャッチしたい。「もう暴れないで~」と祈りながらファイトし、ネットに収めたのは40cmオーバーだ。

シーバスゲームで40cm級本命好捕 引き速度とレンジ的中で会心の一撃ボイトからの巻き上げでヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・戸田英明)

見てみると、ルアーを丸のみしている。ルアーを引くスピードとレンジがドンピシャに合っていたようだ。われながら会心の一撃の1匹に大満足だった。

次のページでポイント移動でセイゴ追加!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。