玄界灘でヒラマサジギング満喫 ピッチの速いジャークが奏功し連発も

玄界灘でヒラマサジギング満喫 ピッチの速いジャークが奏功し連発も

福岡県の博多湾より出港する遊漁船ベイスタイルを利用し、ジギングの王道ターゲットであるヒラマサを求めて玄界灘へと向かった。ピッチの速いジャークが効き、本命ヒラマサにヤズをコンスタントにヒットさせることができた釣行の模様をリポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版・総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジフィッシング経営専攻・1年・別府幹太)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

4kg級ヒラマサ登場

当日の潮は若潮で良い潮とはいえないが、最初のポイントにジグを落としていく。しかし、反応が得られず、早々にポイントを移動した。

次のポイントに到着し、スピニングリールのハイピッチな力強いワンピッチジャークで誘っていると、底から10mほどのところでジグの重みがフワッと抜けた感触のあと、ロッドが大きくしなった。

渾身のアワセを入れ、ファイトに持ち込むと大きく首を振っているのが伝わってくる。上がってきたのは3~4kgほどのヒラマサだった。

使用したジグはCBマサムネの115g。カラーはシルバーだ。この時、私は船のミヨシで釣りをしていたのだが、トモで釣りをしていた同船者にもヒットしており、ダブルヒットとなった。

コンスタントに青物ヒット

再び船をポイントに着けなおし、釣りを再開するが潮が緩んだのか、底取りが明確になりアタリが減ったのでジグの重さを95g(リアのみグローのシルバー)に替えて、リーダーの太さも、50lbから40lbに落として様子を見る。

玄界灘でヒラマサジギング満喫 ピッチの速いジャークが奏功し連発もコンスタントにヒット(提供:週刊つりニュース西部版・総合学園ヒューマンアカデミー福岡校・別府幹太)

そして、先ほどと同じく通常よりも速く、強いジャークで誘っているとすぐに魚からの反応が返ってきた。1尾目とは違い、前アタリなしのゴツンッといったバイトで上がってきたのは4kgほどのヒラマサだ。この魚でこの日のパターンが強めのワンピッチジャークだと確信した。

6kgヤズも登場

ここで20分ほど船を走らせてポイントを移動。水深50m前後の魚礁周りだ。そしてシャクり始めてすぐに、フワフワとジグの後ろに魚がアタックしてきているような感触があったので、ハリ掛かりするまで見切られないように集中してシャクっていると、ロッドに重みが乗ったのでアワセを入れる。

先ほどのヒラマサとは違いそこまでのスピードは感じられないが、重量感のある引きで上がってきたのは6kgほどのヤズだ。本命ではなかったが、やはり大型青物の引きの強さは別格だと感じた1尾だった。

玄界灘でヒラマサジギング満喫 ピッチの速いジャークが奏功し連発もダブルヒットも(提供:週刊つりニュース西部版・総合学園ヒューマンアカデミー福岡校・別府幹太)

そして、その後も数回ポイント移動しながらヒラマサやヤズを同行者ともにコンスタントにカウントできた。

次のページで当日のヒットパターンは?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。