波止での穴釣りで25cm級頭にアラカブ4尾 キビナゴエサにヒット

波止での穴釣りで25cm級頭にアラカブ4尾 キビナゴエサにヒット

大分県佐伯市蒲江へ穴釣りに行ってきた。釣行当日の前半は苦戦したが、後半はアラカブが連続ヒットする場面もあり、楽しい釣行となった模様をレポートする。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

穴釣りでアラカブ狙い

1月28日、今年も手堅い釣果を求めて大分県佐伯市蒲江へ穴釣りに行った。

波止での穴釣りで25cm級頭にアラカブ4尾 キビナゴエサにヒット佐伯市蒲江周辺広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

当日の仕掛け

当日は干潮が午前8時30分ごろ、満潮が午後2時ごろで、満潮でも潮高が低いことから満潮にかけて狙うことにした。

波止での穴釣りで25cm級頭にアラカブ4尾 キビナゴエサにヒット当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

午前11時30分に釣り開始。エサは冷凍キビナゴを使用した。

釣り方は仕掛けを底まで落とし、着底後に2回ほど仕掛けを10cmほど上下する。アタリがなければ、もう一度やり直してみる。

魚がいればヒットするはずなので、アタリがなければ場所を変えていく。攻める穴の回数を増やすことと、プレッシャーが少ない場所を狙うことが釣果を伸ばす秘訣だ。

まずは葛原海岸の両端にある消波ブロックを狙うが、先日の地震の影響なのか、潮の影響なのかはわからないが、アタリがまったくなかった。

丸市尾海岸で連続ヒット

次に丸市尾海岸の小さな波止に移動した。

波止での穴釣りで25cm級頭にアラカブ4尾 キビナゴエサにヒット丸市尾海岸のポイント(作図:週刊つりニュース西部版APC・岡田賢一)

昨年は良型が多かったので、期待しながらブロックのすき間に投入する。

1投目はカニにエサを取られ、2投目はフグかベラと思われる魚にエサをボロボロにされて、最悪の釣果が頭をよぎった。

そこで、さらなる場所移動を考えた3投目にガツーンのアタリ。引きもまずまずだ!

狭い穴に投入していたこともあり、ミチイトがかなり擦(す)れたので切れはしないかとヒヤヒヤしたが、無事に抜き上げることができた。20cm級のアラカブ(カサゴ)だった。釣れてくれたことに感謝し、もう少し大きくなってから再会することを一方的に約束し、海に帰っていただいた。

その後、それなりにヒットしたものの自分のルールでリリースすると決めている20cm級ばかりで、唯一釣れた25cm級の良型は腹部が微妙に膨らんでおり、産卵前のメスかエサをいっぱい食べたオスか分からなくて迷った。結局、産卵前のメスだったら悪いので、リリースした。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。