ライトショアジギング釣行:夏の回遊魚を狙う!【千葉県・館山&勝浦】

夏のターゲットといえば、まっ先に思い浮かぶのは海中を弾丸のように泳ぎ回る回遊魚。そのなかでも身近な漁港で楽しめるのがソーダガツオやサバ、ワカシ、カンパチの幼魚のショゴなど。回遊魚シーズンど真んなかということで、南房総の館山港と外房の勝浦漁港へ2週連続で釣行した。

●千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

夏が旬の回遊魚

館山港でソーダを釣り上げ笑顔の筆者

ソーダガツオは、マルとヒラに分かれ、沿岸に多いのはマルソーダ。ヒラに比べ血合いが多いものの、新鮮なものはモッチリとした身で刺し身でも美味しい。

サバは夏に旬となるゴマサバが多く、適度に脂の乗った身はシメサバにしても絶品。強い引きで釣り人を楽しませてくれたあとは、血抜きをして、しっかり冷やして持ち帰れば美味しく食すことができる。釣り人にとっては釣り味も食味も楽しめる今の時期ならではの魚。

回遊タイミングは?

関東周辺では早ければ5月ごろから回遊し始め、ピークを迎えるのは7~8月のまさに今。

私の地元、房総では例年6月後半に南房総に40~50cmのサバが回遊しはじめ、7月中旬ごろにはソーダが回る。

千葉県北東部の銚子周辺や茨城県南部では7月ごろワカシが回遊、9月にはイナダに成長して南房や内房にも回遊してくる。さらに、ショゴは6月ごろ港内に入りはじめ、10月まで狙える。

次ページでいよいよ実釣!