オフシャロ釣行:着底後1回目のシャクリがキモ!【福岡県・セブン】

40g前後の軽いジグやタイラバで、水深25~40mの浅場を狙う〝オフシャロゲーム〟に注目が集まっている。イサキ、マダイ、青物、根魚など幅広いターゲットと手軽に遊べるが、追求すればとても奥が深い釣り。7月末に北九州市小倉港のガイドサービスセブン(宮崎晃船長)に乗船。その様子を取材した。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

水中でのジグと魚

午前5時にメインフィールドの響灘へ出船、向かったのは白島沖の水深25mのポイント。ドテラ流しで始め、船は1ノット前後で流れる。

宮崎船長

釣り開始前、宮崎船長がTai―R(タイラー)を手に取り口を開いた。

「ご存知のように、このジグはひらひらとしたフォールでパニックベイトを演出しますが、先日、水中動画を私が潜水して撮影しました。水深は25mくらいです。

まず驚いたのは、フォール中はものすごい数のベイト(イワシやアジなど)が寄って来て、それを追ってすぐに青物やマダイなどのフィッシュイーターも回遊してきました。

そして、多くの魚がジグの落下点に早々に入っていて、それをジッと見ているんです。着底後もジッと見つめています。底を取ってすぐに大きいシャクリを入れると、すべての魚が一気に散ってしまいましたが、優しく小刻みなアクションに対しては、よく反応していました。

底を取ってからの1番最初のシャクリは、とても重要だということが実際に潜って見て分かりましたね。また、アラカブなどの根魚は着底したと同時に食っていましたよ。」

といったエピソードを聞かせてくれた。

今回は、その時に使用したTai-R・ブルー40gを使用する。

次のページはオフシャロスタート