コロダイ夜釣り攻略:磯から投げ釣りで挑むビッグファイト!【解説】

8月に入ると夏の暑さもいよいよピークに。今年は特に記録的な暑さで、日中は熱中症になりそうです。そんな時はやはり夜釣りでしょう!夜通し穂先ライトを見つめながらじっくりとアタリを待つ。そんなスタイルで狙う今回のターゲットはコロダイです。釣り方や狙うべきポイントなどを解説します。

●和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

狙うポイント

コロダイはタマミと同様に引きの強い魚で、関西エリアでは中・南紀が主なフィールドになります。岩礁域や砂底域が混在するような環境を好み、夜になるとかなり浅瀬までエサを求めて回遊しますので、そのような条件を満たす磯や浜、あるいは防波堤から狙います。

エサ

エサはマムシやユムシ、ジャコエビ(サルエビなど)やイカの短冊などを使いますが、私の経験ではジャコエビが当たりエサになることがあるので、マムシと同様によく使います。ウツボやクロアナゴなどの外道が多い時も有効です。

タックル

タックル図紹介

タックルは、33号以上で4~4.5の投げザオに大型投げ用ドラグ付きスピニングリール、ミチイトはPEライン6号以上を巻きます。

私はそれに石鯛テンビン+瀬ズレワイヤーと捨てオモリ20~30号を使いますが、根掛かりが少ないところならジェットテンビンでも大丈夫です。ハリスは10~16号を1m、それに太軸の大型魚用のハリを結びます。

次ページでおすすめポイントを紹介!