【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々

【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々

三重県から沖釣り最新釣果情報が入った。青物が高活性で各地でクーラー満タン。ほか50cm超えウッカリカサゴや大人気のトンジギで連発ヒットなど!

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:三吉丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

光栄丸

三重県・南伊勢町礫浦から出船している光栄丸では、9日タイラバで出船。50cmアップのウッカリカサゴを筆頭にアヤメ交じりで連発。アマダイも交じった。クレイジーオーシャンの海毛虫が大活躍。カラーはグローチャートや青バチに反応が良かった。

【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々50cm超えウッカリカサゴ手中(提供:光栄丸)
▼この釣り船について
光栄丸
出船場所:礫浦港

釣船屋たにぐち

いよいよ本格化してきた三重県・志摩沖のトンジギ。近海でビンチョウマグロ(ビンナガ)を狙えるとあって今や大人気だ。南伊勢町宿浦の釣船屋たにぐちでは8日、朝の時合いに連鎖して3連発。後半に再び3連鎖が2回あり、計9匹のビンチョウを確保した。

【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々ビンナガ多数浮上(提供:釣船屋たにぐち)
▼この釣り船について
渡船屋たにぐち

強丸

三重県鳥羽市安楽島の強丸では6日、鳥羽沖のジギングに出船。この日は朝から青物がよくアタり、ブリ、ワラサ、サワラが乱舞。高切れやリーダー切れ、バラシも多かったが、皆さんクーラー満タンでホクホク顔だった。

【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々青物乱舞(提供:強丸)
▼この釣り船について
強丸
出船場所:鳥羽港

長栄丸

三重県鳥羽市菅島の長栄丸では2月5日、1日便泳がせ釣りに2人で出船。朝のうちにアタリが多くブリ、ワラサ、マダイ、シーバス、カサゴなどを上げ、2人ともクーラーボックスに入りきらないほどだった。3日には、根魚狙いの泳がせで出船し、一日中コンスタントにアタリがあり、マハタ、オオモンハタ、ヒラメなどが上がった。

【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々青物ほか多数キャッチ(提供:長栄丸)
▼この釣り船について
長栄丸
出船場所:赤碕岸壁

功成丸

三重県鳥羽市国崎の功成丸では2月6日、イワシ泳がせでヒラメ、青物を狙い出船。初心者が多かったがワラサやサワラがよく上がり楽しめたようだ。5日には、イワシ泳がせでワラサやサワラ、良型ヒラメなど多い人はクーラー満タンの釣果を釣り上げた。泳がせ釣りの他にアジ釣りも好調だ。

【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々クーラー満タン(提供:功成丸)
▼この釣り船について
功成丸
出船場所:国崎漁港

勝丸

三重県鳥羽市国崎の勝丸では2月6日、朝から魚の活性が高く入れ食い状態。ヒラメやブリ、ワラサ、サワラ、マダイなどが上がった。5日には、朝一にヒラメが続々とヒット。その後もワラサやサワラなどが上がった。

【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々高活性で入れ食い状態(提供:勝丸)
▼この釣り船について
勝丸
出船場所:国崎漁港

三吉丸

三重県鳥羽市菅島の三吉丸では2月5日泳がせ釣りで出船。好時合いがありブリ、ワラサ、サワラ、ヒラメと全員お土産ゲット。3日は青物の活性が高く、いい人はクーラーいっぱいの釣果を上げた。

【三重】沖釣り最新釣果 ジギング&泳がせ釣りで良型青物が続々全員お土産をゲットした(提供:三吉丸)
▼この釣り船について
三吉丸
出船場所:礫浦

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年2月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。