堤防アナゴ釣り入門 【生態・時期・仕掛け・エサ・釣り方を解説】

堤防アナゴ釣り入門 【生態・時期・仕掛け・エサ・釣り方を解説】

堤防から手軽に狙えるアナゴ。夏によく釣れるイメージだが、意外にも春先から釣れ始める。今回は「アナゴ釣りのキホンと釣れない時の対処法」などを解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

釣れない時の対処法

なかなか本命からの反応がない時の対処法を紹介しよう。

場所をこまめに移動

釣れない時は見切りを付け、立ち位置をこまめに移動していく。アナゴの行動範囲は狭く、アタリが出たところをピンポイントで探るのがコツ。そのなかで、特に魚信の多いところを覚えておこう。

意外に足元も

これで釣れない時は足元を探る。いわゆる”へち釣り”だ。その際はオモリを底に付けて少し巻き上げ(リール)、穂先を”お辞儀”させる。

そのままアタリを待ち、竿先が震えた時点でアワセを入れる。何らかの理由で、アナゴがへちから離れない時に有効で、春先は意外によく釣れる。

ヘッドランプを忘れずに

初心者も手軽にエントリーできるアナゴ釣り。夜釣りがメインなだけに、ヘッドランプは多めに持参したい。

堤防アナゴ釣り入門 【生態・時期・仕掛け・エサ・釣り方を解説】ヘッドランプは多めに持参しよう(提供:TSURINEWSライター松田正記)

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。