テンビン五目釣りでマダイやイサキなど50尾超え タナが合えば連発

テンビン五目釣りでマダイやイサキなど50尾超え タナが合えば連発

初釣りに宗像市大島港の第二大福丸でテンビン五目釣りへ行ってきた。この釣りはタナ取りが重要。タナ取りができれば、連掛けも見れた当日の釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

テンビン五目釣り

1月5日、初釣りは宗像市大島港の第二大福丸でテンビン五目釣りへ。今回のメンバーは佐田さん、岩倉さん、永尾さん、手島さん、山口さん、江頭さんほか3人のグループ。

出港時間は午前5時30分。船は5時すぎには神湊港に到着してエサの手配をして、乗船者がそろったところで出港となった。

テンビン五目釣りでマダイやイサキなど50尾超え タナが合えば連発テンビン五目仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

大島をかわして玄界灘に出てみるとウネリはない。同船は探見丸(パーソナル魚探)システムを搭載してあり、探見丸があると海底の状況や魚の位置が分かる。

釣り場に着くと周囲も明るくなっており仕掛けを用意して、探見丸を作動させ海中の様子を見る。投入の合図がでて仕掛けを落とすとき、船長からイサキのポイント(タナ)は海底から10m上を釣るようにとアドバイスがある。

1投目から4連掛け

1投目から佐田さんのサオにアタリがでて、上がってきたのは上2本のハリにアカイサキ、下2本にイサキと4連掛けだ。

この釣りはタナ取りが重要で、タナを間違えるとイサキもアカイサキも食ってこない。

私の1投目はアカイサキの小型。2投目はサオ先が海面に突き刺さるアタリがでて引きも良い。リールからラインを引き出される引きで、それをかわしながら巻き上げてきたが、5号の仕掛けを途中で切られてしまった。青物が来るという話を佐田さんと乗船前にしていたのだが、対策を怠っていた。おそらくヒラマサの3~4kg級だと思うが後の祭りだ。

テンビン五目釣りでマダイやイサキなど50尾超え タナが合えば連発金田さんのアカイサキ(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

タナが取れると連掛け

永尾さんはアカイサキの1~2kg級をコンスタントに掛けている。

テンビン五目釣りでマダイやイサキなど50尾超え タナが合えば連発永尾さんはアカイサキをコンスタント(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

手島さんもトリプルで掛けている。

テンビン五目釣りでマダイやイサキなど50尾超え タナが合えば連発手島さんとアカイサキ(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

岩倉さんはタナ取りがうまくいかないようで最初は苦戦していたが、タナ取りができるようになってからは連掛けを見せていた。

テンビン五目釣りでマダイやイサキなど50尾超え タナが合えば連発岩倉さんは連掛けも(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

次のページで良型のマダイもヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。