陸っぱりライトゲーム愛好家の厳冬期の過ごし方 釣行抑えて貯蓄が吉?

陸っぱりライトゲーム愛好家の厳冬期の過ごし方 釣行抑えて貯蓄が吉?

一月になって全国的にぐっと気温が下がった。こうも一気に下がると魚の活性も下向いてしまい、なかなか釣るのが難しくなってくる。それでも釣り場に通い続ける根性の釣り人も多いことだろうが、今回は厳冬期、あえて釣りにいかないことのメリットを考えてみたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

「無理に釣るな」の厳冬期

1月~3月くらいまで釣り場はとにかく寒い。気温と風で体感温度は都市部でもマイナス近くなることがある。まして夜となると凍える。アタリがあれば頑張れるが、何も反応が返ってこないときには、「俺は何をしているんだろう」と思うこと、筆者はしきりである。

ということで「無理に釣るな」の心得について語りたい。個人的に、2020年の冬くらいからそう考えている。筆者はライトゲームがメインのアングラーだが、メバルという低水温期のターゲットがいる冬も、寒さが底に達したときには、無理に釣り場に立たないことにしている。ちなみにこの記事を書いている今日、大阪湾の海水温9.7℃。ぎりぎりである。

陸っぱりライトゲーム愛好家の厳冬期の過ごし方 釣行抑えて貯蓄が吉?アジはすでに抜けて海に生命感なし(提供:TSURINEWSライター井上海生)

釣行のコストと時間

「無理に釣るな」の心得を持つことで、釣行コストが浮かせられるメリットが大きい。

筆者の場合、釣行一回につき、消耗品と交通費を含めて800円のコストがかかる。私は1ヶ月に12回から最大20回程度まで釣りをするので、1万円前後のお金がかかっているわけだ。それを、今は隔週に一回くらいとしている。月に2、3回だ。

おそらく2月は2回しか釣りにいかない。釣行コスト単価800円×2回で1600円。無理して凍えながら12回通って800円×12回で9600円かけてしまうことと比べると、なんと1ヶ月8000円ものお金が浮く。

これを2月、3月、4月半ばまでと続けると、およそ2万円の貯金ができることになる。そして、凍えて釣りをしても釣れてくれるのはカサゴくらいで、「あーあ」と思いながら憂鬱な帰途につくまでの、約5時間の時間も節約できる。まあ、釣りとはそういうものだが。

この時期に貯めを作る

節約。お金の話ばかりするのも何だが、筆者の場合このように節約で2万円のお金をセーブして、一番いい時期のための遠征費用を作ることができる。淡路島まで一回往復で1万円くらいだろうか?垂水と泉南に1回ずつ行く費用にもなる。あるいは、この釣れ渋りの時期に、ちょっとボートに乗せてもらってメバルを狙うのもいいかもしれない。

陸っぱりライトゲーム愛好家の厳冬期の過ごし方 釣行抑えて貯蓄が吉?ボートならデカいメバルが狙えるかも(提供:TSURINEWSライター井上海生)

また真冬の釣りの帰途、運転していると、「どうせそんなに釣果がふるわなかったなら、最初から場所探しでもしておけばよかったな」と思う。これは実際、本当にそうなのだ。たとえば筆者の場合4月から春アジが始まり、6月くらいからライトブリームゲームをスタートするのだが、いつもワンポイントかツーポイントに留まっている。どうせならば、このひどく寒い時期に少し早めに釣りを切り上げて、場所のサーチに時間を使えばよい。

次のページではライトゲーム以外の選択肢を紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。