冬のボートメッキゲーム攻略 【タックル・ルアー・狙うポイント解説】

冬のボートメッキゲーム攻略 【タックル・ルアー・狙うポイント解説】

冬の衣浦港はボートからメッキを狙いやすいシーズン!ヒットパターンやヒットルアーのコツさえつかめば爆釣も!今回はこの釣りのタックルやポイント、釣り方、おすすめの釣行タイミングなどについて紹介したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

メッキとは

メッキとは、GTと呼ばれるロウニンアジやギンガメアジの幼魚のことを指しており、主に南国の熱帯地域などに生息する魚だ。GTの幼魚ということもあり、小型でも引きが強く、ゲーム性も高い。

本来は沖縄や小笠原諸島などの日本でも南国エリアに生息する魚だが、その幼魚であるメッキは黒潮に乗って愛知県でも釣ることができる。ただし、死滅回遊魚と呼ばれるだけあって、水温が低くなると死んでしまう。そんなわけで、低水温のこの時期に狙えるのは、発電所や工場の温排水が流れるような水温の暖かいポイントということになる。

使用タックル

冬のボートメッキゲーム攻略 【タックル・ルアー・狙うポイント解説】使用タックル(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

タックルは、シーバスタックルの6~7ftほどの長さで、ルアーキャパはMAX30gほど。リールは2500~3000番で、ラインはPEライン1号、リーダー16lbほどがオススメだ。

オススメルアー

冬のボートメッキゲーム攻略 【タックル・ルアー・狙うポイント解説】上がショートリップ、下がロングリップミノー(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ルアーは主に6~7cmの小型ミノーを使用する。個人的な好みはロングリップの1.5mほど潜るミノーとショートリップの1mほど潜るミノーの2機種だ。

これは、メッキのレンジが深い時はロングリップミノー、レンジが浅い時はショートリップミノーと使い分けをするため。

基本の釣り方

ルアーの動かし方は、「高速リトリーブ→ジャーク」を繰り返すというもの。イメージとしては高速リトリーブ中にメッキをチェイスさせて、強めのジャークを入れることで「食わせの間」を与える。

ジャークの使い分けとして、ロングリップミノーはエギングのように縦ジャークをして、ショートリップミノーはトゥイッチ系のソフトなジャークをする。

理由として、私の使っているミノーの場合、ロングリップタイプは水噛み力がよく、縦にジャークすることで水面に飛び出すベイトを演出させたいからだ。

冬のボートメッキゲーム攻略 【タックル・ルアー・狙うポイント解説】縦ジャークのロングリップミノー(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

一方で、ショートリップタイプは縦ジャークすると水面から飛び出してしまうため、トゥイッチのような優しいジャークでトリッキーにルアーを泳がせる。

冬のボートメッキゲーム攻略 【タックル・ルアー・狙うポイント解説】トゥイッチ系のショートリップミノー(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

ポイントの絞り込み

ポイントに到着してまずすることは「ポイント全体のサーチ」だ。広いポイントの中で魚はあちこちに散らばっている。回遊魚であるメッキも居心地のいいポイントがあって、その日ごとに居着くポイントがあるので、まずは全体を素早くルアーを通してサーチしたい。

そして、2~3回ほどポイント全体をボートで流して、ヒットやバイトが多いエリアを頭の中で割り出して行く。「大体このエリアで釣れる!」っていうのが把握できたら、そのエリアでボートを固定したり、スローに流したりしながらピンポイントを狙う。

ブレイクは狙い目

個人的なメッキの王道パターンとしては「ブレイク」を狙うというもの。海中ブレイクは海流が変化しやすくなっており、ベイトが集まりやすいためメッキなどのフィッシュイーターが集まってくる。

ヒットパターンの絞り込み

冬のボートメッキゲーム攻略 【タックル・ルアー・狙うポイント解説】ヒットパターンを絞り込もう(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

続いて、様々なジャークパターンやトレースコースなどを変化させて、その日にメッキがルアーを捕食しやすいアクション方法のサーチする。

また、ヒットを継続させる方法として、カラーローテーションが挙げられる。メッキはルアーを見破る力が強い魚だと思う。特にカラーを覚える力が優れているため、同じポイントで釣りをする場合はカラーローテーションを積極的にしたい。

次のページで釣行タイミングについて紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。