今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・土浦新川】

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・土浦新川】

浄水場の水門から排水される23度の温水を求めて良型が遡上してくるのが、茨城土浦市を流れる土浦新川だ。今週はここ土浦新川を推薦釣り場として紹介しよう。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・高田恵年)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

土浦新川の概況

昨年12月中旬から”冬将軍”の大寒波が襲来し、北海道・東北から日本海側にかけて大雪となっている。関東地方の太平洋側は雪は少ないが、朝晩の気温は0度からマイナスとなり、野釣り場の水温も5度前後まで下がってきている。

そんななか、霞ヶ浦本湖から遡上してくる群れは、まだ小さくて日並みでムラはあるが、出れば腹の膨らんだ35~40cm超の美ベラが顔を出す。寒さを吹き飛ばすような強い引き味を楽しんで欲しい。

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・土浦新川】概況図(作図:週刊へらニュース APC・高田恵年)

昨年12月中旬ごろまでは晴天が続いたうえに、暖かかい日も続いていたが、ここにきて気温が一気に低下。遡上するヘラの群れはまだ小さいが、日並みによってはツ抜けもあった。

近況は温排水水門から河口の中間よりも上流側が水温2~3度と高く、水深は1本半前後ある。温排水水門上流側でもヘラは居着いているようで、釣れている。

だがこのところ雨が降らずに水替わりがないので、冷たくても雨待ちの傾向にある。週末は釣り人が多い。入釣ポイントが河口近くになるようなら、温排水水門の上流側に入ったほうが型は見られるだろう。

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・土浦新川】河口付近の様子(提供:週刊へらニュース APC・高田恵年)

入釣できるのは基本的に北岸のみ。うしろに霞ヶ浦浄化センター(浄水場)の杉並木があるので、北風を避けられる。東風は河口から上流側へ吹き、弱ければ小さな波立ちでヘラの警戒心が解けて食いがよくなる。

水門から排水される温水は、対岸にぶつかって流れや風によって蛇行するので、入釣ポイントによって釣果に差が出る。

流れは上下流に向けて強弱であり、緩ければ宙やバランス底釣りも可能だが、通常は中・外通しのドボン釣りがメインとなる。

ポイント

では、土浦新川のポイントを紹介する。

河口~温排水水門

水門からの排水は、一日中行われている。日中は日差しとともに水温も上昇し、これに合わせてヘラの活性も上がる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【茨城県・土浦新川】温排水水門(提供:週刊へらニュース APC・高田恵年)

近況としては釣れだす時間帯は、午後から夕まづめが中心。常連は午後から来ることが多いが、ヘラが遡上しだして好機を迎えると、週末は早朝から混雑する。

近況は芳しくないので、まだそれほどの混雑は見られない。竿は21尺が中心で、モジリが沖めに出ていて長竿で狙いたい時は、両サイドにことわってから竿を出そう。

温排水水門~新港橋

昨年暮れから平均的に3~5枚ほどは釣れている。釣り方は宙やバランス底をする人が多いが、流れが強い時はドボン釣りになる。水深は1本半前後。

何かのきっかけでヘラにスイッチが入ると、大釣りになることもある。例年3月ごろから春の乗っ込み期になると、35cmから尺半を主体に数釣りが楽しめる。

次のページで土浦新川での釣り方とエサを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。