堤防カゴ釣りで30cm級シマアジをキャッチ メッキにアジも顔出し

堤防カゴ釣りで30cm級シマアジをキャッチ メッキにアジも顔出し

堤防からいろいろな魚種を狙おうと、新年早々和歌山県の串本でカゴ釣りを楽しんだ。メッキにアジに30cm級のシマアジもキャッチした釣行の模様をリポートしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山啓太)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

串本港でカゴ釣り

新年早々、堤防からのカゴ釣りでいろいろな魚種を狙おうと和歌山県の串本へ向かった。場所は串本港の波止の沖向きで、水深は投げた先で約20m。タナは7ヒロからスタート。コマセ、さしエサともにオキアミを使用する。

堤防カゴ釣りで30cm級シマアジをキャッチ メッキにアジも顔出しカゴ釣り仕掛け(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山啓太)

カゴにコマセとエサを付けたハリを入れてキャストし、あとは潮に流すだけ。釣り座より潮上へ投げるようにすると流せる範囲が広くなるのでいい。当日は左から右へ流れていたので、釣り座より左へ投げた。

堤防カゴ釣りで30cm級シマアジをキャッチ メッキにアジも顔出しエサはオキアミ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山啓太)

20cmメッキにアジの姿も

開始して早々に仕掛けがなじんだころにヒット!上がってきたのは20cmほどのメッキだった。

堤防カゴ釣りで30cm級シマアジをキャッチ メッキにアジも顔出し串本港の様子(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山啓太)

次第に周りの釣り人がアジをサビキで釣り始める。アベレージは10~15cmで、時折20cmを超えるサイズも交じっているようだ。カゴ釣りにもアジやタカベが掛かるようになってきたので、遠投気味にするようにした。

30cm級シマアジ手中

何投かしたころ、少し流れが緩くなったと同時にアジが釣れなくなり、エサが残るようになってきた。そんなタイミングでウキが勢いよく沈んだのでフッキング!気持ちいい引きで上がってきたのは30cmほどのシマアジだった!

堤防カゴ釣りで30cm級シマアジをキャッチ メッキにアジも顔出しシマアジ30cm級ゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山啓太)

その後、小型のオオモンハタを追加して昼ごろに終了した。周りではグレ、サンバソウ、マダイ、カワハギが釣れていた。時期によっては青物もカゴ釣りで釣れるようだ。

<週刊つりニュース中部版APC・丸山啓太/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
串本漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年1月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。