海釣り公園でのエサメバル釣りで25cm頭に2ケタ釣果 モエビエサで狙う

海釣り公園でのエサメバル釣りで25cm頭に2ケタ釣果 モエビエサで狙う

昨年の12月24日、朝イチのメバル狙いと思い豊浜新堤へ。豊浜の時合いはすごく短い。クリスマスイブの朝の、本命メバルとの出会いをレポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

豊浜海釣り公園でメバル釣り

休みはいつも悪天候。このジンクスは引き継いでいるのかと思いきや、昨年の12月24日は風が弱い予報だったので、朝イチのメバル狙いと思い豊浜海釣り公園・豊浜新堤に釣行。

午前4時10分、豊浜新堤に向かって車を走らせる。40分で到着したが、相変わらず駐車場は車だらけ。釣り桟橋で型のいいイワシが釣れているためだろう。

桟橋を横目に見ながらメバルポイントへ足を運ぶ。ポイントは空いているかと心配していたが4人いるだけ。好きなポイントに入ってタックルを準備した。

まずはイシゴカイをハリに刺して様子を見る。夜明けが近づくと指先が冷たくなってくるが、これを我慢すれば良型メバルがきてくれると信じて長ザオを振り込んだ。

ツンツンとサオ先にアタリが出だしたが、アタリからして小型のカサゴ。持ち込んだときにサオを上げたが空振り。イシゴカイの先ちょだけで、ハリまで届いていなかった。

モエビで本命メバル狙い

東の空がほんの少し明るくなってきたところでエサをモエビにチェンジ。ここから本命のメバルを狙う。モエビの尾羽をカットし、そこからハリ先を出せば完了。沖いっぱいに振り込んで着底を待つ。

ゆっくり誘いをかけながら上下に仕掛けを動かしていると、クククッ~とアタリが出た。もうひと頑張りだ。「ここで食い込め~」と独り言を言った途端、サオ先が海中に絞り込まれる大きなアタリが出た。

まずまずのメバルだなと引き込みを楽しんでいたが、再度強い引き込みでサオが絞り込まれたところで根掛かり発生。なんと運のないことか。引きからしてまずまずのメバルのはずだが、外れることなくハリス切れ。もったいないが、メバル釣りには付きものだと諦めるしかない。

本命メバル18cmに25cm登場

仕掛けを取り換えて再投入。時合いなのか再度アタリが出てハリ掛かりした。手応えのある引き込みでサオが大きく曲がる。ラインを手繰り寄せると現れたのはメバル18cmのダブル。まずはひと安心。

豊浜の時合いはすごく短い。日が少しでも昇ったら終了だ。ここは手返し良くいきたいが、老眼が邪魔をしてなかなかモエビをハリに通せない。なんとか通して振り込むと、ガツンと大きなアタリが出てサオ先が海中に持ち込まれた。これは良型のメバルだ。今度はラインをしっかりつかみ、切れないでくれと願いながら手繰り寄せて25cmの良型を手にした。

海釣り公園でのエサメバル釣りで25cm頭に2ケタ釣果 モエビエサで狙うクリスマスイブに出会ったメバル(提供:週刊つりニュース中部版APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

まだまだいけるかもとサオを振り込む。ゆっくり上下に誘いを入れて待っていると、再度小気味いいアタリでサオ先がお辞儀をした。なんとか煮つけサイズをゲット。

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。