磯での【リアル三投流】釣り成立 メジナにアオリにアカハタ手中に満足

磯での【リアル三投流】釣り成立 メジナにアオリにアカハタ手中に満足

里(鹿児島県薩摩川内市)の磯で、メジナ(クロ)の食いが活発化している。12月24日に釣行した際は、フカセ、エギング、ブッコミの〝三投流〟に臨んだ。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

海釣り 磯釣り

メジナ釣りのシーズン

里のメジナは真夏を除けば、おおむね一年を通して狙える。オキアミをエサにしたフカセ釣りが一般的な釣り方で、型は30~40cmが平均。時折45~50cmが交じるうえ。同型のオナガがくることもある。

磯での【リアル三投流】釣り成立 メジナにアオリにアカハタ手中に満足上甑島広域図(作図:TSURINEWSライター松田正記)

当日のプラン

当日は夜明け前に射手崎灯台下の地磯に渡った。早朝はエギングでアオリイカを狙い、日が昇るにつれて、ブッコミでアカハタ、フカセでメジナを釣る計画を立てた。

1投目にキロ級のアオリ

まずはエギングから。エギは、ゆっくり沈下するドローフォーを使用し、フルキャスト。エギをフォールさせ、着底後(エギ)にシャクリを入れる。

4~5回サオをあおったときだった。ずっしりとした重量感とともに、強い引きが伝わる。慎重にやり取りし、浮かせたのはキロ級のアオリイカだった。

その後、600g前後を1杯追加。3杯目に期待したがアタリはなく、すぐに見切りを付けてサオをたたんだ。

ブッコミ釣りに変更

空が白み始めたころ、ブッコミ釣りに変更。ハリは袋から取り出せばすぐに使える石鯛ワイヤーを選択。これにエサのキビナゴをセットし、15mほどのタナから探りを入れると、すぐに魚信が出た。

アワセを入れると手応えあり。リールを力強く巻き、800gほどのアカハタを浮かせた。さらに同型のオジサンと500g前後のアカハタを追加し、勢いに乗るかに思えた。しかし、日が昇るとアタリは遠のいたため、すぐに道具を片付けた。

磯での【リアル三投流】釣り成立 メジナにアオリにアカハタ手中に満足ブッ込みでの釣果(提供:TSURINEWSライター松田正記)

次のページでフカセ釣りへ転戦の模様をリポート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。